なぜ品質管理に入るのか?

9世紀の美術評論家であるジョン・ラスキン氏は、次のように述べています。「品質は事故ではない。常にインテリジェントな努力の成果だ」と。これは確かに製造と生産の世界です。全ての製造会社は、高品質の製品で知られたいと願っています。

したがって、品質管理と品質保証の専門家は、製造業者が生産した全ての製品が高品質であることを確認します。誰もスピードバンプで直ぐに壊れる自転車など買いたくはありません。誰もバターが切れないナイフを買おうとは思いません。誰も苦い後味を残す飲み物を飲みたくはないのです。

品質管理と保証の業務は、製品が目的に合っていて、一貫して高品質であることを確認するのに不可欠なのです。品質マークは純粋な意見に基づくものではありません。製品は、まず消費者の要求を満たす必要がありますが、法律、規格、規制を遵守しなけれないけません。

品質管理と保証にはどんなキャリアがあるのか?

この分野のキャリアは、大きく分けて、1)品質管理、2)品質保証の2つに分類できます。品質管理は、製品をテストし、欠陥を発見し、問題を報告し、製品のリリースを決定できるようにすることです。

品質保証は全て「良い実践」に関するものです。品質保証の取り組みは、生産基準を改善し、製造プロセスの一貫性を保つことです。治癒ではなく予防に焦点を絞り、問題を最小限に抑えることを目指しています。

品質管理と保証の業務は、航空宇宙、自動車、医薬品、食品などの製造業すべての分野に浸透しています。これらに携わる人々は、詳細、強いコミュニケーション、計画、問題解決のスキルに鋭い目が必要なのです。

どのように品質管理は機能するか?

品質管理責任者は、テスター、検査員、サンプラーと呼ばれることもあります。彼らは製品に応じて様々な方法や機器を使い、不完全な部分をチェックします。傷を発見したり、寸法を検証したり、可動部品の機能をテストしています。

ある点検は視覚での迅速な点検であり、他の点検では専門装置を使った綿密な調査もあります。製品の実際の環境条件、例えば車のボディーに対する気象の影響をシミュレーションする事などです。

品質管理テストのプロセスが製品の寿命を決定し、又、寿命がのびるのを可能にします。作業員は生産プロセス全般に関与しています。 生産開始前に原材料をテストし、生産工程ではコンスタントにチェックし、完成品に最終的な評価をします。

品質管理はテストだけではありません。彼らは小さな不完全さを修復し、テストの詳細な記録を維持し、報告書を作成するのです。

品質保証の専門家は、品質管理の戦略にも関心を持っています。彼らは複雑な品質保証に取り組む前に、製品の仕様を評価し、顧客の要件を正しく理解しています。

これらの専門家達は、あらゆる生産作業が品質保証の目標、安全衛生ルール、国内と国際の法律や基準に沿っている事を保証します。又、生産中に製造スタッフを指導し、トレーニングセッションを実行し、パフォーマンス、プロセス、手順が最適に行なわれるようにします。

スタッフに動機を与え、品質保証の理解を高めるために、高いコミュニケーションスキルが必要となるのです。又、複雑なデータを分析し、レポートを作成しなければならないので、優れた分析力と文章能力を要します。

ですから、あなたはクラッシュテストのダミーで遊ぶ暇はなく、品質管理と保証の業務は、タイヤを蹴ったり、クリップボードを使ってコンベアベルトに立つ事より、はるかに多くの事があります!あなたが「品質」のキャリアを望むなら、これで決まりです。


コメントは受け付けていません。