ソフトウェアテスティングのキャリアを追求する12の理由

ソフトウェアテスティングは悪いラップを得ます。しかし、キャリアは報われ、挑戦的で、楽しいと思わない人は、ソフトウェアテスターではありません。 実際、ほとんどのテスターは自分の仕事が大好きで、世界のどんな仕事の為にも、ギブアップはしないでしょう。

あなたのキャリアを次にどちらへ向けるかを考える時、テスターを追求するべき理由が複数あります。

・挑戦的- テスティングは簡単ではありません。解決すべき課題や問題が常にあります。仕事は日々新しいものをもたらします。もし多く考える必要のない退屈な仕事を好むなら、これを追求しないでください。しかし、つま先であなたを保つ仕事がしたいなら、テスティングは本当に素晴らしい選択であると、誰もが言うでしょう。

・重要- テスターは常に十分な認知を得るわけではありませんが、彼ら無しでは失敗します。テスターとしてエンドユーザーを支持し、高品質の製品が提供されているか確認します。提供される前に誰かがバグを発見しなければ、企業の評判は下がり、顧客は不当に嫌な思いをすることになります。

・創造的- テストする時には多少の革新的なものを得なければなりません。プロセスがあなたの為に綴られるわけではありません。実際、それにはちょっとした探偵作業が必要です。エンドユーザーの立場で行動し、矛盾が発生する可能性の場所を探す時には、創造的な取り組みが必要となります。

・データ駆動型- テスティングのキャリアに関する最もクールなことの1つは、それが創造的な技術だということです。ほとんどのテスターは、ベースラインで開発とコーディング基盤を持ちますが、日々のデータや製品の傾向も分析しています。コンピュータサイエンスの知識は不可欠です。ソフトウェアの機能や使い方、又その働き方を知る人でなければなりません。

・常に学んでいる- コードの作成、自動化、またはセキュリティテストを開始するにしても、多くのことを学ぶ必要があります。最も必要とするリソースを確保するために、背後に支持的なチームを持ちます。又、成長と改善のために、仕事が停滞することはありません。

・限界をテストする- 人々のラップトップを壊す事はできませんが、ソフトウェアのどこが機能しなくなっているかを調べることができます。もちろん、テスターは実際にソフトウェアを破壊するわけはないですが、誰もが完璧に動作していると信じていたソフトウェアに、無いはずのバグを見つけ出すことは本当に面白いものです。問題を見つけ解決するには、特別な視点が必要です。

・需要がある- 高成長と高給キャリアを望むならば、QAは行くべき道です。ソフトウェアのテスターとして常に必要とされ、大手企業があなたを得ることは難しくなく、あなたには管理レベルへ昇進する絶好のチャンスがあります。

・多くの道がある- ソフトウェアを使うすべての企業は、テスターを必要とします。 テスターは、ヘルスケアから小売業、ビデオゲームまで、あらゆる業界で価値視されています。さらに、手動テスト、自動テスト、パフォーマンステストなどのいずれかを選択することができます。

・特殊なスキル- 誰もがテストすることはできません。多くのテスターは、同様の分野からスタートし、その役割に惹かれていますが、UI / UXの設計と開発パターンと実行、そして分析とコミュニケーションスキルの十分な知識を必要とします。テスター​に必要なものを、誰もが見つけられるわけではないのですが、もし見出せたなら、このポジションに惚れこむに違いありません。

・報われる- 本質的により良い製品の構築を助けます。自分の仕事に誇りを持つなら、組織の目標、目的、結論に大きな違いをもたらす例外的な手段となり得ます。 実際、日々の仕事の影響を感じるでしょう。

・同僚が親わしくなる- ソフトウェア産業は、アジャイル開発、継続的インテグレーション、DevOps、自動化といったコンセプトが増えているため、ソフトウェアテスターにとってコミュニケーションがとても重要なスキルとなります。これは、一日を通して、組織で同じ利益を共有する人々、スマートで興味深く情熱的な人々と、常に協力し合うことを意味します。

・強いコミュニティー- それに加えて、テスターである最善のひとつには、恐ろしく支持的で力強いコミュニティーだということです。StackOverflowからTwitterに至るまで、テスターはお互い背後にいて、業界のベストプラクティスやトレンドな話題を常に楽しんでいるのです


コメントは受け付けていません。