製造業の仕事の例とタイプと変更

製造業の仕事とは、原材料や部品から新しい製品を作り出すものです。これらの仕事は、工場、生産施設、製作所などにあります。サービスではなく製品の作成である限り、家に存在することもできます。

たとえば、ベーカリー、キャンディーストア、カスタムテイラーは、材料から製品を作成するので、製造と見なされます。一方、書籍の出版、木の切り出し業や採鉱は、製品に変えないの製造とは見なされません。

建設はそれ自身のカテゴリーであり、製造とは見なされません。新規住宅建設や商業用不動産建設業は、国内総生産の重要な構成要素と言えます。

製造業には1250万人のアメリカ人がいて、2016年には平均収入が82,023ドルでした。これには給与と給付が含まれています。それは平均的な労働者よりも12%多いのです。彼らは、国家経済の成果のうち、2.17兆ドル(11.7%)を生産しました。製造業はGDPの重要な要素と言えます。

アメリカの製造業は世界最大で、全体の18.2%を占めています中国は17.6%で惜しくも第2位。実際、アメリカの製造業が国であれば、世界で10番目の規模になっているでしょう。アメリカの製造だけで、カナダやメキシコ以上の量が生産されています。

アメリカの製造業の労働者は、世界で最も生産的です。これは、コンピュータやロボットの使用が増えたためと言えます。代わりに雇用数が減ってきました。

製造業の種類

国勢調査は以下のように、製造業を多くの分野に分けています。

・食品、飲料、タバコ

・テキスタイル、レザー、アパレル

・木材、紙、印刷

・石油、石炭、化学品、プラスチック、ゴム

・非金属鉱物

・一次金属、加工金属や機械

・コンピュータやエレクトロニクス

・電気機器、家電や部品

・交通関連

・家具

・その他の製造

業種の詳細については、製造インデックスをチェックして下さい。 業界の動向や価格を含むセクターの詳細を教えてくれます。又、死傷者、怪我、病気を含む労働力そのものについての統計も知る事ができます。

2番目のリソースは労働統計局(BLS)で、仕事のタイプのガイドを提供しています。クイックリスト:

・アセンブラーとファブリケーター

・パン屋

・歯科技工技師

・食品加工業

・食品加工業者

・宝石商と貴金属と金属労働者

・機械工と工具と型

・医療機器技術者

・金属やプラスチック機械労働者

・眼科検査技術者

・塗装・塗装作業員

・発電所オペレーター

・印刷

・品質管理

・半導体プロセッサー

・裁縫師と仕立て職人

・屠殺場と肉屋

・固定式エンジニアやボイラーオペレーター

・家具職人

・水および廃水処理

・溶接、カッター、兵士

・木工労働者

労働統計局は、仕事はどんなものか、教育や訓練がどのくらい必要か、そして給与水準について説明しています。又、仕事には何人いるか、成長する分野かどうか等も教えます。更に、特定のスキルが使用されているかどうか、特定の認定が必要かどうか、又、必要なトレーニングを受ける方法も見い出すことができます。

製造業の動向

製造プロセスは変化し、必要な業務のスキルも変化しつつあります。製造業者は常に、費用効果がある製品の生産方法を探っています。そのため、雇用数が減少すると予測されても、残っている従業員にはより高い賃金を支払う可能性があるのです。しかし、彼らは必要なスキル習得のため、教育と訓練が必要です。

これには2つの理由があり、一つは、インドや中国などの新興市場で製造された製品の需要が高まっているという事です。マッキンゼーは、これが2025年には、およそ3兆ドルになり、これらの国は、世界の製造の70%を占めると予測しています。

この需要がどう製造業の雇用を変えるのでしょう?企業は、これらの多様な市場のニーズに合った製品を提供しなければなりません。結果的に、顧客サービスでの雇用が、製造業にとってより重要になると思われます。

二つ目は、メーカーがこれら特殊なニーズを満たし、コスト削減のために洗練された技術を採用するという事です。ここに6つ挙げました:

  1. ナノテクノロジーはマイクロエレクトロニクスの新しい時代を創り出す
  2. 軽量のスチール、アルミニウム、炭素繊維は、燃費の向上をもたらしている。
  3. バイオエンジニアリングは、更にカスタマイズされた医薬品を作り出す
  4. 3D印刷は、鋳造やスタンピングではなく、小さな粒子を組み合わせてプロトタイプを作成する。しかし、これは特殊な航空宇宙部品や人体器官の代替品に、ますます使用されるでしょう。
  5. ロボットは高度になっています。
  6. 大きなデータは顧客の傾向を分析し、製品開発のために使用されています。

コメントは受け付けていません。