• カテゴリー別アーカイブ 品質管理
  • なぜ品質管理に入るのか?

    9世紀の美術評論家であるジョン・ラスキン氏は、次のように述べています。「品質は事故ではない。常にインテリジェントな努力の成果だ」と。これは確かに製造と生産の世界です。全ての製造会社は、高品質の製品で知られたいと願っています。

    したがって、品質管理と品質保証の専門家は、製造業者が生産した全ての製品が高品質であることを確認します。誰もスピードバンプで直ぐに壊れる自転車など買いたくはありません。誰もバターが切れないナイフを買おうとは思いません。誰も苦い後味を残す飲み物を飲みたくはないのです。

    品質管理と保証の業務は、製品が目的に合っていて、一貫して高品質であることを確認するのに不可欠なのです。品質マークは純粋な意見に基づくものではありません。製品は、まず消費者の要求を満たす必要がありますが、法律、規格、規制を遵守しなけれないけません。

    品質管理と保証にはどんなキャリアがあるのか?

    この分野のキャリアは、大きく分けて、1)品質管理、2)品質保証の2つに分類できます。品質管理は、製品をテストし、欠陥を発見し、問題を報告し、製品のリリースを決定できるようにすることです。

    品質保証は全て「良い実践」に関するものです。品質保証の取り組みは、生産基準を改善し、製造プロセスの一貫性を保つことです。治癒ではなく予防に焦点を絞り、問題を最小限に抑えることを目指しています。

    品質管理と保証の業務は、航空宇宙、自動車、医薬品、食品などの製造業すべての分野に浸透しています。これらに携わる人々は、詳細、強いコミュニケーション、計画、問題解決のスキルに鋭い目が必要なのです。

    どのように品質管理は機能するか?

    品質管理責任者は、テスター、検査員、サンプラーと呼ばれることもあります。彼らは製品に応じて様々な方法や機器を使い、不完全な部分をチェックします。傷を発見したり、寸法を検証したり、可動部品の機能をテストしています。

    ある点検は視覚での迅速な点検であり、他の点検では専門装置を使った綿密な調査もあります。製品の実際の環境条件、例えば車のボディーに対する気象の影響をシミュレーションする事などです。

    品質管理テストのプロセスが製品の寿命を決定し、又、寿命がのびるのを可能にします。作業員は生産プロセス全般に関与しています。 生産開始前に原材料をテストし、生産工程ではコンスタントにチェックし、完成品に最終的な評価をします。

    品質管理はテストだけではありません。彼らは小さな不完全さを修復し、テストの詳細な記録を維持し、報告書を作成するのです。

    品質保証の専門家は、品質管理の戦略にも関心を持っています。彼らは複雑な品質保証に取り組む前に、製品の仕様を評価し、顧客の要件を正しく理解しています。

    これらの専門家達は、あらゆる生産作業が品質保証の目標、安全衛生ルール、国内と国際の法律や基準に沿っている事を保証します。又、生産中に製造スタッフを指導し、トレーニングセッションを実行し、パフォーマンス、プロセス、手順が最適に行なわれるようにします。

    スタッフに動機を与え、品質保証の理解を高めるために、高いコミュニケーションスキルが必要となるのです。又、複雑なデータを分析し、レポートを作成しなければならないので、優れた分析力と文章能力を要します。

    ですから、あなたはクラッシュテストのダミーで遊ぶ暇はなく、品質管理と保証の業務は、タイヤを蹴ったり、クリップボードを使ってコンベアベルトに立つ事より、はるかに多くの事があります!あなたが「品質」のキャリアを望むなら、これで決まりです。


  • QA(品質管理)の面接に受かる方法

    要約:QAの面接での秘訣は、面接者から自分について少し話して下さいと言われた時のために、話したい内容をマスターしておくことです。準備は重要なので、履歴をより良くするために役に立つ3つのポイントをおさえ、サンプルスクリプトを準備して、次の面接に自信を持って望んで下さい。

    次のQAの面接であなたがゲームのトップに出る事は、あなたの利益になります。その為に、第一印象を良くする練習を是非やってください。秘訣は、「あなた自身について教えてください」というセクションをマスターしておく事です。だいたいのQAの面接は面接者から、あなた自身について少し話して下さいと言われる事が多いです。あなたが伝えたい理想的な答えを、前もってスクリプトにまとめていれば、即座に主導権を取ることができ、あなたを他の候補者と異なるカテゴリーに入れてもらうことができます。十分に準備し、自信を持つあなたの能力は、上手くいかない面接や仕事に大きな違いを作ります。

    面接で自分自身について話す時に、上手くいく3つの重要な点と、自分の履歴をより良くするサンプルスクリプトがあるので、準備しておくと良いです。

    職歴

    このセクションでは、あなたがどのようにQAを始めて、最後に手がけたプロジェクトまで徐々に移行していったことを話します。これは以前の役割、責任、貢献した成果物について、積極的に話す絶好のチャンスなのです。初心者はQAトレーニングをカウントします。ここに職歴についての話し方の例があります。

    「1993年にコンピュータサイエンスを専攻しABC大学で学士号を取得しました。最近まで、ソフトウェアテストエンジニアとして、ABC社の請け負い業者として働いていました。それ以前はQAアナリストとしてXYZ社で働いていました。それ以前はQAアナリストとして123 Corporationで働いていました。私の強みは、柔軟で細部重視の能力、組織力、口頭と書面のコミュニケーションスキルです。」

    「私はABC Companyの在任中、ソフトウェア開発プロセスをもう少し探究することにしました。航空業界、コンピュータ業界、テクノロジー業界に携わり、ソフトウェア開発とテストに関する知識を多様化することができました。私は多くの異なるアプリケーションにさらされ、アジャイル、ウォーターフォール、Vモデル、RADモデル、反復モデルなどの開発ライフサイクルに携わることができました。」

    「私の最近のプロジェクトの1つは、反復アプローチを使用して、Rational Unified Process(RUP)を実行しました。又、プロジェクトの開始、精緻化、構築、移行の段階で関わりました。」

    全体像

    このセクションでは、単にテスターだけではなく、他のソフトウェア開発ライフサイクルについても理解します。ここに、SDLC全般に関連したスキルについての話す例をご紹介します。

    「私は、開始段階から実装段階まで、複数のソフトウェア開発ライフサイクルプロジェクトに参加しました。かなりの施行の機会を持ちました。最近のプロジェクトでは、サインオフプロセスを実装して、要件の変更、コードの変更、インフラストラクチャーの変更の責任を持ち、その監査記録があります。」

    「別のプロジェクトでは、バージョン管理と変更管理を伴うソフトウェア構成管理を実施しました。要件、テスト計画、テストケース、テスト範囲、コードに変更があった場合はいつでも、完全性が維持されているかを確認しました。 又、開発者によるコーディング標準の使用とコンベンションのネーミングを行ない、ツールClearCaseとVSSを使用しました。」

    「私はテストケースのテンプレート、変更要求、欠陥管理、根本原因分析のテンプレート、欠陥を調査するテンプレートなど、一貫性を保つためのテンプレートを設計し実装しました。これはユーザーの受け入れやベータテスト中に、エンドユーザーへの不具合を調査することができます。また、開発ライフサイクルの各フェーズで入退基準を導入しました。」

    「QAリードアナリストとして直面した課題の一つは、開発ライフサイクルのフェーズで何時テストを開始し、何時終了するかを決定することでした。長年の経験で、環境が整えば何時でも開始できるという結論に至りました。コードの準備ができた時、全員が承認した時、そして範囲内のテストを全て行なった時にテストを終了するべきという事もです。少なくとも1度作成したテストケースは全て実行しましたが、欠陥を発見し、重要度レベルを設定し、追跡データベースに欠陥を記録し、欠陥は解決されました。回帰テストで全員の承認を得る事ができました。」

    「私がテスターとして直面したもう一つの課題は、テストに関するリスクをどう評価するかということです。これを克服する最良の方法は、ソフトウェア製品の複雑さと使用頻度、又、リスクの影響に基づいて、リスクの可能性を計算するというものです。 私は、これらは不可欠なプロセスだと考え、監査が上手くできる反復と実証可能なプロセスを確立しました。」

    「私は、産業開発とテスト方法論とガイドラインに精通しています。私はCMM、TQM、 ISO規格9000、9001、9002、とシックスシグマに取り組みました。私の目標は、明確な基準と手順を確立して、次のCMMレベルに到達するためのサポートでした。」

    テクニカルスキルとツール

    最後に、あなたが応募した仕事に関する技術スキルについて話すことが重要です。ツールやテクノロジーに精通していることをアピールする事で、適したポジションが得られます。あなたのスキルと知識を伝える例をご紹介します。

    「私はブラックボックス、ホワイトボックス、フロントエンド、バックエンドテスト、HP Quality Centerなどのツールを使用する手動テストを含め、多くの種類のテスティングをしました。それはテスト管理ツールや欠陥管理のためにも使用しています。」

    「私は、Webアプリケーション、HP UFT / QTP、Appium、JMeterを自動化とパフォーマンスをテストするために、Selenium WebDriverなどのツールを使用していました。又、MQSeriesとエンタープライズ・アプリケーションの統合、回帰テスト、システム・テスト、ユーザー受け入れテスト、システム統合テスト、および様々なプロジェクト機能を使って、統合テストを行ってきました。」

    「私は、Oracle、SQL Server、Webやモバイル、そしてUnix、Sun Solaris、Linux、Windowsなどの異なるプラットフォームでのテストなど、異なるアプリケーションとテクノロジーで働いてきました。 私はUnixのシェルスクリプト、SQLクエリを書くこと、Toadを使ってデータベースに接続することも効率的に できます。」

    練習すれば上手くいく

    ここに提供した「あなた自身について教えてください」というスクリプトは、3つの主な面をカバーします: あなたのQA経験; ソフトウェア開発のライフサイクル、方法論、およびQAプロセスの理解; 技術的なスキルとツールに精通している事。これは、独自のスクリプトの作成に役立つフレームワークです。

    このスクリプトのアプローチの背景にあるアイデアは、雇用者の目にあなたの価値を実証し、信頼を確立することです。これを上手くやれば、面接者は多くの質問をする必要がなく、十分な情報を与えているなら、それは良いことです。そして彼らが知りたい事に、あなたは積極的に答えることができるでしょう。

    次のQA面接の準備のために、スクリプトを作成する時間を割いて下さい。内容を覚えて記録し、鏡の前や友人の前で練習するのです。私はスクリプトを1対1の面接やQAチーム全体との面接で使用しましたが、良く機能しました。信頼と準備は面接で大きな印象を与えるのです。練習すれば上手くいきます。


  • ソフトウェアテスティングのキャリアを追求する12の理由

    ソフトウェアテスティングは悪いラップを得ます。しかし、キャリアは報われ、挑戦的で、楽しいと思わない人は、ソフトウェアテスターではありません。 実際、ほとんどのテスターは自分の仕事が大好きで、世界のどんな仕事の為にも、ギブアップはしないでしょう。

    あなたのキャリアを次にどちらへ向けるかを考える時、テスターを追求するべき理由が複数あります。

    ・挑戦的- テスティングは簡単ではありません。解決すべき課題や問題が常にあります。仕事は日々新しいものをもたらします。もし多く考える必要のない退屈な仕事を好むなら、これを追求しないでください。しかし、つま先であなたを保つ仕事がしたいなら、テスティングは本当に素晴らしい選択であると、誰もが言うでしょう。

    ・重要- テスターは常に十分な認知を得るわけではありませんが、彼ら無しでは失敗します。テスターとしてエンドユーザーを支持し、高品質の製品が提供されているか確認します。提供される前に誰かがバグを発見しなければ、企業の評判は下がり、顧客は不当に嫌な思いをすることになります。

    ・創造的- テストする時には多少の革新的なものを得なければなりません。プロセスがあなたの為に綴られるわけではありません。実際、それにはちょっとした探偵作業が必要です。エンドユーザーの立場で行動し、矛盾が発生する可能性の場所を探す時には、創造的な取り組みが必要となります。

    ・データ駆動型- テスティングのキャリアに関する最もクールなことの1つは、それが創造的な技術だということです。ほとんどのテスターは、ベースラインで開発とコーディング基盤を持ちますが、日々のデータや製品の傾向も分析しています。コンピュータサイエンスの知識は不可欠です。ソフトウェアの機能や使い方、又その働き方を知る人でなければなりません。

    ・常に学んでいる- コードの作成、自動化、またはセキュリティテストを開始するにしても、多くのことを学ぶ必要があります。最も必要とするリソースを確保するために、背後に支持的なチームを持ちます。又、成長と改善のために、仕事が停滞することはありません。

    ・限界をテストする- 人々のラップトップを壊す事はできませんが、ソフトウェアのどこが機能しなくなっているかを調べることができます。もちろん、テスターは実際にソフトウェアを破壊するわけはないですが、誰もが完璧に動作していると信じていたソフトウェアに、無いはずのバグを見つけ出すことは本当に面白いものです。問題を見つけ解決するには、特別な視点が必要です。

    ・需要がある- 高成長と高給キャリアを望むならば、QAは行くべき道です。ソフトウェアのテスターとして常に必要とされ、大手企業があなたを得ることは難しくなく、あなたには管理レベルへ昇進する絶好のチャンスがあります。

    ・多くの道がある- ソフトウェアを使うすべての企業は、テスターを必要とします。 テスターは、ヘルスケアから小売業、ビデオゲームまで、あらゆる業界で価値視されています。さらに、手動テスト、自動テスト、パフォーマンステストなどのいずれかを選択することができます。

    ・特殊なスキル- 誰もがテストすることはできません。多くのテスターは、同様の分野からスタートし、その役割に惹かれていますが、UI / UXの設計と開発パターンと実行、そして分析とコミュニケーションスキルの十分な知識を必要とします。テスター​に必要なものを、誰もが見つけられるわけではないのですが、もし見出せたなら、このポジションに惚れこむに違いありません。

    ・報われる- 本質的により良い製品の構築を助けます。自分の仕事に誇りを持つなら、組織の目標、目的、結論に大きな違いをもたらす例外的な手段となり得ます。 実際、日々の仕事の影響を感じるでしょう。

    ・同僚が親わしくなる- ソフトウェア産業は、アジャイル開発、継続的インテグレーション、DevOps、自動化といったコンセプトが増えているため、ソフトウェアテスターにとってコミュニケーションがとても重要なスキルとなります。これは、一日を通して、組織で同じ利益を共有する人々、スマートで興味深く情熱的な人々と、常に協力し合うことを意味します。

    ・強いコミュニティー- それに加えて、テスターである最善のひとつには、恐ろしく支持的で力強いコミュニティーだということです。StackOverflowからTwitterに至るまで、テスターはお互い背後にいて、業界のベストプラクティスやトレンドな話題を常に楽しんでいるのです


  • ソフトウェア・テスティングの仕事を得る方法

    最近、私達はこの質問を何度も受けます。

    どうすればソフトウェア・テスティングの仕事を得られますか?どのようにテスティングのフィールドに入っていけば良いですか?又、QA のテスティングフィールドで仕事を得られますか?

    これらの質問は全て似かよっているので、回答も似た回答をしたいと思います。私はソフトウェア・テスティングを選んで記事を書いていますが、それはあなたにソフトウェア・テスティングに最も必要なスキルを知って、ご自身の能力を分析してほしいからです。

    ソフトウェアテスターの利点

    最近私は、就職ガイダンスのセクションで、ソフトウェア募集の記事を担当していましたが、ある雇用者が提供した利点リストを見て驚きました。そのポジションは、イギリスのIT雇用主の為の「ソフトウェア・テストチームリーダー」でした。

    その募集広告の雇用主は、新しい参加者へ下記のような利点を挙げています。

    「あなたは最良の技術トレーニング(ISTQB認定テスターの上級レベルのサポートを含む)を受ける事ができ、又、当社には個々の実力を見極めるトレーニング部門もあります。当社はキャリア開発のため、他に類を見ない、ボーナススキーム、年金、私的医療、永久健康保険、生命保険、株式制度、割引育児バウチャー、柔軟に働けるオプション、休暇の購入スキームがある25日間の休暇の制度もあります。

    また私達は、快適な労働環境を提供する事で、従業員の本質的価値を高められるよう努力し、スポーツとソーシャルチームは、サマーパーティー、花火大会、クイズナイト、スポーツイベントなどを幅広く主催しています。

    ああ、それは誰でも願う希望リストです。

    栄光の日々が再び?

    雇用主によっては、既に職場の為に十分なお金をつぎ込んでいるので、あとは減速しようと考える人がいます。一方、従業員は雇用を必要としているので、給付についてあまり考慮せず、提示されたオファーを受け入れるのです。

    今日、物事は変化しつつあります。

    世界がこの最悪の経済危機から抜け出しつつあり、市場には求人が増えています。 今日、雇用主は高い才能を引き付けるために、良い条件を提供するよう、募集計画を練り直す必要があります。しかしながら、従業員給付プログラムは企業によって異なります。中小企業の中には、このような利点を提供する余裕のない所もあります。この最先端技術の競争で残っていくためには、私は企業が従業員の利益を考える上で、もっとクリエイティブでなければいけないと思っています。 従業員への基本的な給付に加え、仕事内容や場所に応じて最適な特典をつける事で、良い才能を引きつける事ができます。ソフトウェア産業が再び好景気になる事を願いましょう。

    ソフトウェア・テスティングのフィールドで仕事を得るには?

    私は、「如何なるフィールドに入る前に、あなたの興味がどこにあるかを知ってほしい」と言い続けます。

    単にソフトウェア・テスティング職へ行くとか、他のホットキャリア部門に行くというのは良い方法とは言えず、それはあなたの仕事と同様、仕事への興味を無くしてしまうかもしれません。

    あなたはあなたの能力、スキル、興味を知っていますよね?あなたの好きなフィールドであり最も上手くだろうという事で、ソフトウェア・テスティングをやろうと決心しましたね。そこで、ここに、ソフトウェア・テスティングのフィールドで、良い仕事を得るためのガイドラインを載せます。

    もしあなたが初心者なら、大学を出たばかりか来月にでも出るという場合は、ソフトウェア・テスティング方法論のいくつかの準備が必要です。全ての手動テスティングの概念を身につけて下さい。もし可能なら、Bugzilla、HP ALM、Jiraなどの自動化ツールやバグ追跡ツールを使えるようにして下さい。ソフトウェア試験機関やクラスに参加するのも役立ちます。4ヶ月間のソフトウェア・テスティングコースに参加することもできますし、6ヶ月から1年の典型的なソフトウェア・テスティングで卒業証書を取得することもできます。コース期間中に準備し続けてください。これはコースを終えた直後に、仕事の面接をすると、とても役に立ちます。

    もし今までにIT関連での経験があるなら、ソフトウェア・テスティングに切り替えるのは、わりとシンプルです。履歴書にITの経験を表示して、ソフトウェア・テスティングの仕事に申請して下さい。可能であれば、私は上記で初心者へお薦めしたように、ソフトウェア・テスティングの概念を身につけるために幾つかのクラッシュコースを取ると良いです。何らかのIT経験を持っている事を忘れずに、面接での難しい質問に向けて準備してください。

    企業は常にソフトウェア関連の経験者を好むので、ソフトウェア・テスティングやQA関連の経験がある方が良いです。それは、どんな種類の実用的ソフトウェアテストツールの経験でも、評判の良い研究機関からの試験コースでも良いのです。

    常に覚えておいて下さい。どんなニセの経験もつけ加えないで下さい。あなたのキャリアを永遠に台無しにしてしまう危険性があるからです。ニセの経験の罠に陥らず、あなたの能力で仕事を得る為に、もう数日待って下さい。

    最後の大事な言葉ですが、ソフトウェア・テスティングの仕事は、誰もができる仕事ではありません!もし誰かがあなたに愚かなことを言ったのなら、意識からそれを取り除いて下さい。テスティングの仕事には、SDLFの詳細な知識が必要で、考える以上に、分析スキル、ソフトウェアテストの基礎から離れたプログラミング言語スキルが必要になります。

    ですから最高の運で、確固たるキャリアの準備を開始しましょう!


  • 経験や学位無しでソフトウェアテスターに​​なる:実践的な提案

    最近、私はソフトウェア・テスティングが、コンピューターと共に暮らす人々、言い換えると、IT業界に入りたい人にとって、とても人気の高い選択肢となっているのに気づきました。胸が痛いのは、多くのテスターが力の質を放棄し、経験と知識で開発者になるということです。私の意見では、良いQAまたは良い従業員は、明確な目標を持ち、選んだ専門分野で花を咲させるために努力しています。もし品質を保証する事があなたの人生で成したい事なら、この記事はあなたの参考になります。現状の「QAの取り合い」の良い側面は、市場に多くの価値あるコースが現れてくることです。学校は、開発やWebセキュリティ関連のものだけではなく、ソフトウェアテスティングの専門分野を提供しています。これは品質保証(QA)エンジニアの質にプラスとなるはずです。 この記事では、テスティングへどのように入り、ジュニアレベルのIT職につけるかに焦点を当てます。

    最初に来たのは、テスターかバグか?

    テスティングは非常に興味深いものです。なぜならソフトウェア開発のように退職まで一つの事にこだわるのではなく、色々な事を試せるからです。 バックエンド開発者は、永遠にJavaを使い続けます。それは退屈ではありませんか?テスターと看護師、そして開発者と医者を比較をしてみましょう。一方はうまく機能している職場で他者なしでは存在できず、両者が、患者がテーブルで死ぬのを避けるために緊密に協力しなければならないのです。また長年働いている看護師が、常に医師の陰となっているにもかかわらず、医師と同じかそれ以上の知識を持っている場合もあります。それがテストエンジニアの信念です。それはとても謙虚な業務であることを知らなければいけません。テスターはいつも 評価されるわけではない上に、多くの状況で責任を問われる立場です。これは、テスターがリリース前の製品に触れる最後の人(デプロイメント担当者は例外で、それは別の種類になります)だからなのです。前もって手を打つべき事を理解すれば、良いテスターになれるでしょう。陰の部分があっても、それを覆うことは悪いことではありません。それはポジティブな事で、結果的に問題回避に役立つ直感が得られ、責任を持てるようになります。もちろんテスターはターミネーターではないので、 間違いだってあります。我々は、検出されたもの全てを確認しなければならず、ステークホルダーはそれを知っています。彼らはソフトウェアの品質保証で、我々が行なった事を知る必要があるのです。それは全ての反復を完了し、テスター全員がそれを理解すべきプロセスであるを意味します。私にとって、ソフトウェアテスティングの仕事は2つあります:テスティングとテスティングの組織化(管理は全く別の話で、これら2つの中のどこかです)です。ここではそれについては書きませんが、組織化はおそらくジュニアQAの仕事ではないものの、ジュニアからレギュラーレベルになれる最善の道です。

    追いかけましょう。ソフトウェアテスターが日々している事は何でしょうか?

    グラフのパーセント値は空から取られたものでも、単に時間消費量を表すものでもなく、要求される仕事の重要性と量です。これは私自身の経験に基づいていて、各チャートの説明は次のとおりです。

    手動と自動のテスティング ― これは、その仕事そのものなので、双方ともトップにあげています。手動でするか自動でするか、その両方を日常業務でするかです。チームの構造と戦略によって変わります。

    ・構造- チームが自動化のスペシャリストで構成されているなら、自動化に時間を費やして、手動の方は別のチームに任せるのです。又、手動テスターのみのチームなら、1日の予定に自動化は用いません。混合のチームなら、自動と手動の両方が可能です。私はそういうチームに所属しており、上手くいっています。このチームは非常に良いカバレッジを持っています。

    ・戦略- どちらのテスティング方法も重要 ― 自動は手動の完全な置き換えにはなりません。それはプロジェクトの種類によって違います。時にはソフトウェアはとても簡単で、多くのデータや入力無しで、100のテストケースが完全にカバーしてくれます。必要のない所で自動化にするのは、自動化を全く考慮しないのと同じほど問題です。これは労力とコストの問題 ― 自動化には多くのメンテナンス作業で時間がかかり、手作業でシステムをテストするようなものです。アプローチは、取りかかる前に十分考えなければなりません ― 私は全てを自動化するのは無駄があると思っています。なぜなら、誰もがそれはやり過ぎだし、全てのプロジェクトに通用するわけではないと言っているからです。人々は自動化が将来の為だと言っていても、私の意見は変わりません ― どうなるかはまだ見ていませんが、まあ、これはただの私の意見ですから。

    ・テストケースの作成  ― もう1つの基本的なソフトウェアテスティング作業です。水のない暮らしも、テストケースのないテスティングもあり得ないのです。アドホックと呼ばれる構造化されていないテスト方法がありますが、私の意見では、ベテランであっても、テストケースは書くべきです。テストケースでは、方法やテストするものを教えてくれるだけでなく、詳細なソフトウェアドキュメントとしても機能するのです。― 多くの場合(又は毎回?)、各製品の機能がどのように動作するかを記述したwiki等はありません。チームメンバーは時間がかかると、何らかの基準を忘れてしまいがちな為、はっきりしない部分を散らしてしまいます。テストケースは明らかに最新の状態をキープしているべきで、もしプロジェクトの変更が頻繁で、尚且つ人手が限られるなら、一人の作業を増やすことも考えなければいけないのです。

    ・管理の問題 ― テスターとしては、毎日のreddit feedを読むように、プロジェクトボードを読む必要があります。公けにされている問題、作業中の問題、又、既に検証済みで終了している問題等を知っておくべきです。あるケースでは、ひとりで仕事をリードします。しかしながら、なるべく早く日常業務に取り入れるのがベストなのです。重複した報告を避ければ、プロジェクトをより良く知ることができます。私はあなたの問題だけでなく、全ての管理問題について話しています。

    ・環境処理 ― あらゆるソフトウェアは、作動する環境がすっきりとして最新のものでなければなりません。それが、この仕事です。

    ・ジェンキンスの維持 ― 上記に関連して、ソフトウェアの自動配備は大いに役立ち、ジェンキンスのような継続的な統合ツールは、あなたのリストに載せると良いでしょう。遅かれ早かれ、これは要求されます(開発があまりに忙しいので…)。

    ・計画 ― ソフトウェア開発の一部です。テスターと開発者はこれに参加し、両方の視点から、作業を完了するのに要する時間を見積もります。

    ・会議と連絡 ― 必要悪です。

    このIT分野での開発経路は何でしょうか?通常は:

    手動テスター → ツールを書けるテクニカルテスターと、自動化スクリプト → 管理者

    どう進めたいかはあなた次第で、誰もがマネージャーや自動化エキスパートになりたいわけではありませんが、これは知っておいて下さい:誰にでも多くのバグは付きものです。あなたは自然体で、ただ最高のテスターになる事に集中しましょう。あなたがJiraで何かを報告すると聞いたら、開発者は恐怖を感じます;)

    ドアに足を入れる

    履歴書に戦争経験がない場合、面接は簡単ではなく、カバーレターはモチベーションを反映せず、知識は難関を乗りきるのには弱すぎます。ですから私の経験に基づいた、あなたの助けになり得る6つの提案をここに載せました。

    提案1- 見つけた求人広告に全て応答する

    最近、私のプロジェクトにジュニアテスターが必要だったで、候補者の選考と面接を担当しました。再検討すべき履歴書は3つでした:

    表からすると、おそらく候補者3を雇ったと思うでしょう。違います。驚いたことに、私たちは候補者2を選びました。理由は、ジュニアを探してレギュラーレベルに育てたかったからです。まず初めに、QAに雇うのは、単に履歴書やカバーレターに基づいたことではなく、雇用者のニーズに合っていたことに気付いて下さい。ですから私の最初のアドバイスが、見つけられる全ての求人広告に対応して、というのはこういう由縁からなのです。

    提案2- インターンシップ

    私がいる会社には、テスターと開発者のたインターンシップ・プログラムがあります。これは無料で働くことになりますが、面接に呼ばれるか否かにかかわらず、堅実な履歴となり得るのです。無料で働く事はあなたの期待ではないでしょうが、このプログラムには、午後に予定される会議が含まれています。もしテスターを受けることに決めたら、プログラムにサインし、仕事の後で会議に参加します。完全な開発サイクルがあるので、実際にどのようにやっていくのかを学ぶことができます。もう一つの利点は、プログラムが終了した後に、新しい人脈や仕事のオファーがくる可能性があるという点です。この会社は通常は、やる気のある人や最大の可能性を秘めている人を雇用します。

    提案3- ISTQBまたは理論を身につける為のオンラインコース

    新たな旅の初めには、理論について部外者であってはいけません。私の経験から、このポジションの面接は殆ど理論を中心にします。私の仕事にコンセプトを使ったことがないので、面接者が何を尋ねるのか分かりませんでしたが、テスティングに関する本にもあります。驚かれるのを避けるために、下記をお勧めします:

    ・テスティングに関する評判の良いオンラインコースを受ける(全ての大きなeラーニングサイトにある)―

    これは履歴書に書け、面接者の目にはあなたがより大きく映るものの、最も重要なのは、知識を増やして面接に受かる事です。

    ・ISTQB試験に合格する―

    これはソフトウェアテスターが得られる最も有名な証明書です。カリキュラムは、テスティング概念全てではないにしても、実生活で使われているものと、そうでないもの等、少なくとも知識は十分で、面接の際に適用できます。また、ISTQB証明書は、ジュニアは殆ど持っていない為、あなたの履歴は目立つでしょう。基礎レベルで十分です。多少の費用はかかりますが、この分野で仕事につくと決めたなら、投資になります。

    この両方のオプションは有料なので、仕事を得るのに投資するかどうかを決断しなければなりません。私の見解では、有料モバイルゲームのアドオンと比較することができます。スキルをだけでレベルを上げることも、お金で追加ポイントを買うこともできますね。最終目標はどちらの方法でも達成可能で、有料オプションは経路をより簡単にするだけです。 もし私なら、オンラインコースを取るでしょう。それはビデオ、プレゼンテーション、テストがあり、ただの暗記するテキストの壁でないからです。

    提案4- オープンソースへ参加

    github(ギットハブ)を聞いた事がありますか?

    ないですか?オープンソースプロジェクトと呼ばれるウェブサイトです。人々は何でもできるソフトウェアを作り出し、小さなライブラリからフレームワークを完成させ、誰もが関心を持つギットハブにソースを置きます。それはただ製品を表示してダウンロードするだけではありません。コミュニティに参加し、開発に参加することもできるのです。

    開発者はプロジェクトに参加して新しい機能を作成することができます。テスターは、問題の発見、報告、検証を行ないます。これはプロジェクトを学び助ける素晴らしいチャンスでもあります。ギットハブを拾い読みして好きなプロジェクトを選択し、必要ならオーナーに尋ねることもできます。又、選んだプロジェクトを配備してテストし、ギットハブでトラッカーの問題を報告して下さい。それであなたはレーダーに乗るでしょう。直前にプロジェクトのreadmeとガイドラインをよく読んでおいて下さい。バグの報告方法と場所に関する情報がありますから。これを省いてメンテナーをがっかりさせないよう、詳細に注意しましょう。

    ギットハブのプロジェクトは、主だって使用されるプログラミング言語と星でフィルタリングできます。星は丁度facebookと同じ目的- より多くの星は、より多くの人気を表わします。

    プロジェクトを選択する時の、ひとつのアドバイスとして、Redditのような何年も存在するものや、Googleのような大企業で作られたものには行かないでください。それらには数多くの問題が報告されており、メッセージの多すぎ、コミュニティの大きすぎで、あなたが望むようなものではないかもしれません。私はむしろ軽度な人気のアプリケーション(星は 200個より多く1500個より少ない)や、フレームワークに行くでしょう。ギットハブの「トレンド」セクションに行き、検索してみて下さい。時間範囲を 「今月」に変更し、PHPを使用することをお勧めします。この言語で書かれたプロジェクトは、展開がとても簡単で、ウェブベースなのです。勿論、あなたが興味ある言語を自由に選ぶもできます。 トレンドページは次のとおりです。

    ある程度星を持っているので、おそらく実際に人々が使用しており、会社によって開発され、複数の寄稿者があり、テストの観点から興味や旨みがあることを意味します。つまり、多くのサブページと入力コントロールがあり、問題検出の可能性も高いということです。確かに悪い選択ではありません。

    ところで、それをただ無料の仕事だと思わずに、履歴とコミュニティを愛する為と思って行なってください。あるプロジェクトは個人によって、又あるものは企業によって開発されています。企業はコミュニティを気にし、ビジネスモデルとしてオープンソース化しています。例えばオープンソース製品を無料で提供しても、アドオン、プレミアムバージョン、サポートのためにお金は稼いでいるのです。もしあなたが背後の会社のオープンソース製品に価値を与えるなら、あなたは彼らに知られて雇われるのでは?その可能性は常にあるのです。

    とにかく、オープンソースに参加することは、履歴書により良く、あなたが報告した問題の数や、チームで修正した問題の数などの情報を追加すれば、更に良いです。

    提案5 -  技術に精通する

    既にあなたのレコードの為にはなっているはずなので、大手出版社から少なくともブラウザ4つ、多くの人が使用する主要なモバイルオペレーティングシステム2つに、ネーミングされる事に慣れておいて下さい。それがスタートです。求人広告では通常、携帯端末やウェブテスターを募集していますが、そのどちらかに限定するべきではありません。私が思うに、ブラウザとモバイルデバイスを快適に使用できる事は、今日では欠かせないものであり、多くのWeb製品がモバイル版やアプリを持っている、又は計画しているからです。ブラウザーとモバイルOSシステムで、あなたが答えられるようにすべき質問は?

    ・JavaScriptを聞いたことがありますか?

    ・JavaScriptのエラーや警告を読む方法が分かりますか?

    ・アンドロイドをエミュレートできますか?

    ・iosをエミュレートできますか?

    ・これらのエミュレーター機能は何ですか?gpsエミュレーションやローテーションエミュレーションのサポート等

    ・他のapiは何ですか?

    ・主なブラウザでcacheとCookieをクリアするやり方は?

    ・cacheとCookieをクリアする理由は?

    ・アンドロイドの拡張機能アプリは何ですか?

    ・iosの拡張機能アプリは何ですか?

    又、オペレーティングシステム面で、おそらくあなたは使った事があると思いますが、WindowsとMac OSの基本知識は必須で、プロジェクトが特定のもの(例えば、Windowsデスクトップアプリケーションのテスト)を要求されなければ、心配いりません。

    Linuxは基本的なレベル(ディレクトリツリーの操作、テキストファイルの表示と変更、作成のようなファイルシステム操作、コピー、削除、移動、解凍、wget経由のファイルダウンロード)を常に知っている事― Webサーバーは殆どLinux上にあり、製品のテスティングを展開することができると、面接者に知ってもらいます。

    テスティングはさまざまなツール無しではできないものの、知るべきツールのレシピはありません。全てのプロジェクトには独自のツールセットがあり、オンボーディングプロセス中に知ることができるものです。でもあまり心配しないで下さい。もし募集者にどんなツールを知っているか尋ねられ、否定的な返答になっても恥ずかしがる事はありません。誰もツール全部を知っているわけではないですが、技術に精通した者として直ぐに学び取れる、これが有効な返答として受け入れられるのです。

    提案6 - キラーカバーレターを書く

    私はソフトウェア開発者として今までに、.netコードを書いていました。開発者として働いていても(私がジュニアだった時も)、心の中では大きな火は灯らなかったし、引退を迎えるもっと早くに嫌になるだろうと感じていました。ある時点で、私はフリーランスとしてX社のソフトウェアをやることになったのです。ソフトウェアが完成した後、私は会社の人と共にそれをテストしました。私は本当にそのプロセスが楽しく(発見した問題を修正しなければならなかった)、プログラミングではなく、これをやっていこうと決めたのです。それは私が一点突破した瞬間でした。私は地元のビデオゲームを制作する会社に、とても正直なカバーレターを書き、雇われることになりました。それから私は5年間の幸せなQAをしています。

    私は、カバーレターが私のアプリケーションを魅力的にさせ、自分自身の認識にも影響を与えたと感じます。雇用後の初日、私は品質保証を使命とする人として紹介されました。これは正直なモチベーションが見てとれる堅実なカバーレターが、魔法を発動した良い例です。これを考慮すると、デフォルトのテンプレートでオンラインツールによって作成されたもので、誰が面接に呼ばれるチャンスが多くなるでしょうか?あなたの履歴がさほど強くなくても、募集者はあなたの手紙を読み、面接に招待する可能性は高いです。これはチャンスです。

    最後に

    最後まで読んでくれてありがとうございます。

    私の意見では、経験や学位無しにソフトウェアテスティングの仕事をするのは可能ですが、確かな準備は必要です。雇用主に、あなたがとても意欲的な候補者であることを証明しなければなりません。それは既にテスティング理論の学習に多くの時間とエネルギーを費やし、経験があれば、より有利です。このような履歴書と非常に強力なカバーレターを持って面接に望み、それがしっかりできれば、あなたの最初のQAの仕事がきます。なぜなら、あなたはしっかりやるでしょう?幸運を。