• カテゴリー別アーカイブ 製造業
  • QA / QCエンジニアとは?

    QA / QCエンジニアとは?

    品質保証/品質管理エンジニアの主な業務は、開発から梱包まで、製品の各段階に参加し、製品の品質を保証することです。QA / QCエンジニアは、自社の基準を遵守することと、州や連邦法で定められた製品の品質と従業員の安全基準に準拠しています。

    QA / QCエンジニアは通常、工場やテクノロジー企業のオフィスで働き、少数の上級レベル幹部に報告し、多数の低レベルの労働者を同時に監督します。又、ソフトウェア、航空宇宙、自動車、建築、エレクトロニクス製造などを含む、様々な分野で雇われているのです。労働統計局によると、QA / QCエンジニアを含む産業技術者の需要は4%減少し、2024年までには6,300人の職がなくなるのでは、とのことです。この減少は、部分的にはアメリカの製造業の減少に起因する可能性があります。しかしこの統計は、急速に成長している業界のQA / QCエンジニアが含まれていないことは、注目に値します。

    QA / QCエンジニアの業務と責任

    安全な製造を促進し、製品の品質基準を保証するために、QA / QCエンジニアは多くの仕事をします。QA / QCエンジニアの業務と責任を特定するために、色々な求人情報を分析してみました。

    問題の分析

    QA / QCエンジニアの最も大事な任務の1つは、製品や製造プロセスの問題を特定することです。そのためには、QA / QCエンジニアは自社製品のエキスパートでなければならず、過去にあった問題を深く理解している必要があります。例えば、航空宇宙製造業社の場合、QA / QCエンジニアは航空宇宙部品や機械で発生する可能性のある問題を知り、新たな問題のトラブルシューティングをしなければいけません。

    テスト方法の開発

    QA / QCエンジニアは、問題の特定とし解決のために、既存のテスト方法を理解し、新たなテスト方法を開発する必要があります。

    リレー情報

    QA / QCエンジニアがいくら多くの問題を発見しても、チームで適切なコミュニケーションが取れていなければ、何も変わりません。問題が発見されると、その問題を繰り返さないように、上級管理者に報告し、従業員の慣行を改良するのはQA / QCエンジニアの任務です。

    問題解決

    QA / QCエンジニアは、問題解決プロセスの不可欠なポジションです。 問題を特定するだけでなく、チームで協力して長期的な問題の解決策をを提案します。

    QA / QCエンジニアのスキル

    成功しているQA / QCエンジニアは、細部で全体像を簡単に見ることができます。会社の利益、従業員、法的規制を常に念頭に置き、難しい決定を下せる徹底した組織的な人なのです。これらのスキルと特性に加えて、雇用主は次のスキルを持つQA / QCエンジニアを探しています。

    コアスキル: 求人情報に基づいて、雇用主はこれらのコアスキルを持つQA / QCエンジニアを求めています。QA / QCエンジニアになりたい場合は、次の内容をマスターできるように専念してください:

    ・優れた文章と口頭でのコミュニケーションスキル

    ・枠を超えたチーム環境での作業能力

    ・詳細指向

    ・優れた問題シューティングスキル

    ・製品開発と製造プロセスに関する実践的知識

    ・優れた組織化と時間管理

    ・複数のプロジェクトを同時にやりとりする能力

    ・PCソフトウェアの熟練

    高度なスキル: 雇用者の殆どは、次のスキルを必要としないものの、好んでいます。あなたのキャリアを広げるために、これらのスキルを1つ以上、あなたのレパートリーに追加して下さい。

    ・スクリプティングとコーディング言語(技術分野)の知識

    ・国際標準化機構品質システムに関する知識

    ・自動車技術者協会品質システム(自動車と航空宇宙分野)の知識

    ・連邦航空局の修理ステーション(航空宇宙分野)の経験

    QA / QCエンジニアQ&A

    あなたがQA / QCエンジニアとしてのキャリアを追求するなら、Daniel Dragonov氏が何を言うのか聞いてみたいでしょう。

    Dragonov氏は、ソフトウェア会社KanbanizeのQA部門の責任者であり、QA / QCエンジニアのインサイダーの見解を得るために、彼と話しました。

    QA / QCエンジニアのコアの業務は何ですか?

    私のコア業務は、R&Dチームが開発する機能の品質を達成するため、必要な範囲と特性の日常的なテストであり、その手順のテスト要求、プロジェクト全体のQA / QC文書の管理などです。

    QA / QCエンジニアはどのような課題に直面しますか?

    最大の課題は、常にソフトウェアの全ての欠陥を発見する事でした。最後の瞬間に間違っているかもしれない可能性が多々があります。しばしば、機能していたものが明確な理由なしに壊れてしまうこともあるのです。もう一つの難しさは、変化を嫌う人たちから時折来るプッシュバックです。

    QA / QCエンジニアはどのスキルを最大限に使いますか?

    指摘しておくべき重要なスキルは、テスト対象のアプリケーションが、全体像からどのように適合するかの知識、アプリケーションに加えられた部分的な変更が、他の部分にどう影響するか、批判的な文書を読んだり翻訳したりする能力、それらを理解するために質問する能力などです。

    QA / QCエンジニアになる前に検討すべき事は何ですか?

    この仕事に応募を検討する人は、その責任とストレスを知ってください。時間外の労働は、私や同僚に共通しています。テスト中に何かを逃した場合、それは会社全体に反映されることに慣れるのは、容易ではありません。

    どのような人がこの仕事で成功していますか?

    永続的で非常に冷静な人です。時には、問題は見た目より複雑で、しばしば容易に見つけられないことがあります。

    QA / QCエンジニアとして最も報われる点とは?

    違いを生むことができる点。 各問題を、より良くするチャンスにできる点。

    私は、違いを作る事と、ベストな方法を見つけるという挑戦が好きです。 助け、発見、修正、共有、そして違いを生むことができるという満足感。

    QA / QCエンジニアの給与

    QA / QCエンジニアの年収の中央値は、産業エンジニアとして労働統計局に分類され、年収83,470ドルです。10パーセンタイルのQA / QCエンジニアは年間53,300ドルで、90パーセンタイルの人々は126,920ドを得ています。アラスカ州、ワイオミング州、ワシントン州のQA / QCエンジニアは、アメリカ国内で最も高い年平均賃金の、113,800ドル、100,100ドル、99,400ドルを得ています。

    QA / QCエンジニアのリソース

    QA / QCエンジニアとしてのキャリアを探求するために、多くの業界リソースをWebで検索しました。

    ウェブ上で

    Google テスティング・ブログ –  GoogleがどのようにQA / QCテストを行なっているかについて

    航空宇宙工学のブログ –  ケーススタディー、空力特性、航空機の歴史、産業ニュースなど

    StickyMinds –  ソフトウェアQA / QCテストに関連する記事、イベント、仕事

    LinkedInで

    QA / QCエンジニアとインスペクタ –  このグループには19,000人以上のメンバーがおり、ディスカッション、ネットワーキング、雇用のチャンスが用意されています。

    製造や構築QA / QCエンジニアリング -  このグループには13,000人以上のメンバーがおり、製造や構築の分野において、他のQA / QCエンジニアと話すのに最適な所です。

    求人情報サイト

    QC/QAエンジニアの仕事を紹介している求人情報サイトやページのリンクを紹介します。
    キャリアリンクアジア – 品質管理または品質保証
    キャリアリンクアジアは、東南アジアの求人情報を扱うサイトです。上記のリンク先はQC/QAエンジニア募集のページとなります。
    インディード – QA-QC-エンジニア関連の求人
    インディードは、世界各国に展開する求人情報サイトです。上記のリンク先はQC/QAエンジニア募集のページとなります。


  • 製造業の仕事の例とタイプと変更

    製造業の仕事とは、原材料や部品から新しい製品を作り出すものです。これらの仕事は、工場、生産施設、製作所などにあります。サービスではなく製品の作成である限り、家に存在することもできます。

    たとえば、ベーカリー、キャンディーストア、カスタムテイラーは、材料から製品を作成するので、製造と見なされます。一方、書籍の出版、木の切り出し業や採鉱は、製品に変えないの製造とは見なされません。

    建設はそれ自身のカテゴリーであり、製造とは見なされません。新規住宅建設や商業用不動産建設業は、国内総生産の重要な構成要素と言えます。

    製造業には1250万人のアメリカ人がいて、2016年には平均収入が82,023ドルでした。これには給与と給付が含まれています。それは平均的な労働者よりも12%多いのです。彼らは、国家経済の成果のうち、2.17兆ドル(11.7%)を生産しました。製造業はGDPの重要な要素と言えます。

    アメリカの製造業は世界最大で、全体の18.2%を占めています中国は17.6%で惜しくも第2位。実際、アメリカの製造業が国であれば、世界で10番目の規模になっているでしょう。アメリカの製造だけで、カナダやメキシコ以上の量が生産されています。

    アメリカの製造業の労働者は、世界で最も生産的です。これは、コンピュータやロボットの使用が増えたためと言えます。代わりに雇用数が減ってきました。

    製造業の種類

    国勢調査は以下のように、製造業を多くの分野に分けています。

    ・食品、飲料、タバコ

    ・テキスタイル、レザー、アパレル

    ・木材、紙、印刷

    ・石油、石炭、化学品、プラスチック、ゴム

    ・非金属鉱物

    ・一次金属、加工金属や機械

    ・コンピュータやエレクトロニクス

    ・電気機器、家電や部品

    ・交通関連

    ・家具

    ・その他の製造

    業種の詳細については、製造インデックスをチェックして下さい。 業界の動向や価格を含むセクターの詳細を教えてくれます。又、死傷者、怪我、病気を含む労働力そのものについての統計も知る事ができます。

    2番目のリソースは労働統計局(BLS)で、仕事のタイプのガイドを提供しています。クイックリスト:

    ・アセンブラーとファブリケーター

    ・パン屋

    ・歯科技工技師

    ・食品加工業

    ・食品加工業者

    ・宝石商と貴金属と金属労働者

    ・機械工と工具と型

    ・医療機器技術者

    ・金属やプラスチック機械労働者

    ・眼科検査技術者

    ・塗装・塗装作業員

    ・発電所オペレーター

    ・印刷

    ・品質管理

    ・半導体プロセッサー

    ・裁縫師と仕立て職人

    ・屠殺場と肉屋

    ・固定式エンジニアやボイラーオペレーター

    ・家具職人

    ・水および廃水処理

    ・溶接、カッター、兵士

    ・木工労働者

    労働統計局は、仕事はどんなものか、教育や訓練がどのくらい必要か、そして給与水準について説明しています。又、仕事には何人いるか、成長する分野かどうか等も教えます。更に、特定のスキルが使用されているかどうか、特定の認定が必要かどうか、又、必要なトレーニングを受ける方法も見い出すことができます。

    製造業の動向

    製造プロセスは変化し、必要な業務のスキルも変化しつつあります。製造業者は常に、費用効果がある製品の生産方法を探っています。そのため、雇用数が減少すると予測されても、残っている従業員にはより高い賃金を支払う可能性があるのです。しかし、彼らは必要なスキル習得のため、教育と訓練が必要です。

    これには2つの理由があり、一つは、インドや中国などの新興市場で製造された製品の需要が高まっているという事です。マッキンゼーは、これが2025年には、およそ3兆ドルになり、これらの国は、世界の製造の70%を占めると予測しています。

    この需要がどう製造業の雇用を変えるのでしょう?企業は、これらの多様な市場のニーズに合った製品を提供しなければなりません。結果的に、顧客サービスでの雇用が、製造業にとってより重要になると思われます。

    二つ目は、メーカーがこれら特殊なニーズを満たし、コスト削減のために洗練された技術を採用するという事です。ここに6つ挙げました:

    1. ナノテクノロジーはマイクロエレクトロニクスの新しい時代を創り出す
    2. 軽量のスチール、アルミニウム、炭素繊維は、燃費の向上をもたらしている。
    3. バイオエンジニアリングは、更にカスタマイズされた医薬品を作り出す
    4. 3D印刷は、鋳造やスタンピングではなく、小さな粒子を組み合わせてプロトタイプを作成する。しかし、これは特殊な航空宇宙部品や人体器官の代替品に、ますます使用されるでしょう。
    5. ロボットは高度になっています。
    6. 大きなデータは顧客の傾向を分析し、製品開発のために使用されています。

  • 製造業の仕事が女性に良い理由トップ10

    製造業の仕事が女性に良い理由トップ10

    10月には、今月初めに開催された「全国製造業の日」と合わせて、製造業を祝いました。

    製造業は男性の持ち場でした…まあ、永遠に。しかし女性にとっては最近のキャリア選択です。長い間に差ほど増えたわけではありません。デロイトとマニュファクチャリング研究所が実施した最近の調査によると、製造業における女性のシェアは約27%です。

    より多くの女性が製造業に興味を持てるように、製造雇用が女性にとって素晴らしい理由「トップ10」のリストを作りました。

    ※ このリストはWHIRLPOOLの製造元の女性が作ったものです。

    10. 女性は異なる思考を持つ:製造業は「規範」に挑戦するチャンスが多くあります。

    9. 女性は完成を味わいたい:製造業の殆どの女性は、彼らのキャリアに興味と遣り甲斐を感じています。

    8. 女性は選択肢を持ちたい:製造業は幅広いキャリアパスを提供します。

    7. 女性は「全て知り」責任を持ちたい:製造の仕組みを知り、自分で設計すること時にはあります。

    6. 女性はアクセサリーが大好き:安全メガネ、溶接のマスク、耳栓、作業手袋、スチールトウシューズ。好きではいけませんか?

    5. 女性は生命力がある:新生児のための睡眠不足でやってこれるのなら、製造工場のスケジュールで生き残れます。

    4. 女性はチャンスを好む:製造業の労働力で女性はわずか27%(1971年以来の最低率)を占めています。この分野で女性の成長の余地はかなりあります。

    3. 女性は自然なマルチタスク者:ねじを撃ち、図面を読み、利益計画を完成させ、同時にプラントミーティングもします!

    2. 女性は既に素晴らしい製造アイコンを持っている:あなたはRiveterのRogerについて聞いたことがありますか?

    1. 今日の女性は明日の女性の模範になる:若い女性にとって、性的壁を打ち破っった女性より良いモデルがいるでしょうか?

    いいですか、信じがたいかもしれませんが、理由はすべて真実であり、女性にとって素晴らしいキャリアオプションです。Whirlpool コーポレーションで何時も話している女性から聞いてみましょう。

    「私としては、急速に進歩する製造業では、異なる役割を果たし、最高の2つの資質を使う事ができました… それはリーダーシップと技術的専門知識です」と、Findlay工場のオペレーションズディレクターのBonnie Torti氏は述べています。

    「私は毎日コーチング、アドバイス、決定を下し、全てのレベルでリーダーシップをとるよう求められています」

    「エンジニアとして、数学、技術的課題、問題解決が大好きです。製造は私に、次世代エンジニアから学び、教えることで、これらのスキルを使うチャンスを頂きました」

    「私は幸運で、製造業で多くの役割を担っています。教師、リーダー、パブリックスピーカー、コーチ、エンジニア、戦略の思想者、革新者、チアリーダー、そして友として」

    Marion plantの運営ディレクターである、クリスティン・デイ氏は次のように述べています。「ここでは、私の最も好きなことやるチャンスがある上に、Whirlpoolに組み込まれたアプライアンスの製造で頑張る人々の個性は尊重されるのです」と。

    更に、「現在行われている事と将来のビジョンへの鋭い知識が必要であるため挑戦的ですが、付加価値と成功への貢献が明確になるので、とても満足しています」と付け加えました。


  • 製造業の仕事の妄想

    製造業の仕事は消えていき、かなりの数が戻ってきていない

    製造業Twitter経由の産業政策は新たな発展でもあり、私たちはこの4年(又は8年)でそれに慣れなければいけないでしょう。自動車業界のDonald Trump氏のつぶやき(また法人所得税の彼の計画的な削減)は、ミシガン州に工場を構え700の雇用を創ろうというフォード社を説得するかもしれないし、しないかもしれません。しかし、このようなヘッドラインの問題は、数千もの企業が存在するアメリカで毎日起きていることです。全ての問題に介入するのは無理です。例えばGMは、最近フォードよりも約5倍も多い、3300人の一時解雇を発表しました。

    歴史は、多数の製造雇用を創り出すという目標が、一時解雇の要因であることを示唆しています。1979年では、アメリカの製造業の雇用が最高ポイント19.5ミリオンに到達しました。その後、1980年代初めの景気後退により、数字は減少しましたが、1980年代と1990年代には17〜18ミリオンの雇用が定期的に発生しました。しかし、2000年という転換期から、2008年9月の景気後退で、かなり減り、2010年の初めが最悪で11.5ミリオン以下でした。景気が回復するにつれ、一部の雇用が戻り、昨年初めには12.3ミリオンのピークに達しましたが、その後は再びゆっくりと下降しています。

    先進国でも同じ様に減少し、アメリカ経済特有の問題というわけではないようです。議会調査サービスからの報告書では;

    1993年から2014年の間で、世界の製造業でのアメリカのシェアは12ポイント低下しましたが、同じ期間に日本のシェアは14ポイント低下していました。意外にも中国は市場シェアの大部分を占めていたのです。雇用面でみると、1990年から2014年の間には、アメリカの31%、ドイツの25%、フランスとスウェーデンの33%、日本の34%、そしてイギリスの49%の減少となっていました。

    問題は中国だけでなく、技術です。自動車や鉄鋼などの産業では、過剰な生産に悩まされがちなのです。良いサイクルが回って来るかもしれません(例えば、アメリカの自動車販売は新しい記録を打ち出しています)。2008 から2009年のスランプは、人々に購入を先送りにさせましたが、やがてそれも回復しました。車は摩耗し交換する必要があるからです。ですが景気後退は必然的に起こります。調査では、消費者の予算が間延びして、次の購入に向けて6〜7年間を資金準備としていると示唆しています。

    競争の激しい市場とは、自動車メーカーが価格を下げ新機能を追加するために投資し続けているということです。それは労働者を機械に置き換えることを意味するかもしれません。また車に追加された価値の運行はソフトウェアが行なう事で、雇用は大卒者の傾向になり、錆びた状態では難しくなります。イギリスの最近の調査では、2008年の景気後退から低技能の雇用が減った一方で、外国人労働者が17%を占め、これは銀行業の状況に近いという事です。サービス業は、アメリカの製造業で付加価値の30%以上を占め、フランスやイタリアでは40%以上を占めていたという事です。

    ここでは、アメリカの雇用の10%を占める製造業に焦点を当てるという問題があります(パーセントで見ると、1970年代の26%以来、事実上中断されていません)。 世界の価値連鎖は、雇用を輸出する製造業者を罰するのに関税を叩く事は殆ど意味を成しません。メキシコ製品をアメリカへ輸出する場合の1ドルには、アメリカ製品の40セントが含まれているのです。更に悪いことには、消費者が高いお金を支払わなければならないのは勿論のこと、サービスの貿易の混乱は、アメリカの雇用を維持する利点をはるかに上回ってしまいます。

    市場はこの全てにおいて非常に憂慮しているようです。バーニー・サンダース大統領がアメリカの企業に報復を迫るなら、彼らがしたよりも遙かに大きな事でしょう。しかし、彼らがTrump氏のTwitter発射ラインに入った時、私達は個々の株がヒットしたのを見てきました(例えば、ボーイング等)。最終的には、予測不可能の攻撃が、投資家の神経をすり減らすと考えています。