QA(品質管理)の面接に受かる方法

要約:QAの面接での秘訣は、面接者から自分について少し話して下さいと言われた時のために、話したい内容をマスターしておくことです。準備は重要なので、履歴をより良くするために役に立つ3つのポイントをおさえ、サンプルスクリプトを準備して、次の面接に自信を持って望んで下さい。

次のQAの面接であなたがゲームのトップに出る事は、あなたの利益になります。その為に、第一印象を良くする練習を是非やってください。秘訣は、「あなた自身について教えてください」というセクションをマスターしておく事です。だいたいのQAの面接は面接者から、あなた自身について少し話して下さいと言われる事が多いです。あなたが伝えたい理想的な答えを、前もってスクリプトにまとめていれば、即座に主導権を取ることができ、あなたを他の候補者と異なるカテゴリーに入れてもらうことができます。十分に準備し、自信を持つあなたの能力は、上手くいかない面接や仕事に大きな違いを作ります。

面接で自分自身について話す時に、上手くいく3つの重要な点と、自分の履歴をより良くするサンプルスクリプトがあるので、準備しておくと良いです。

職歴

このセクションでは、あなたがどのようにQAを始めて、最後に手がけたプロジェクトまで徐々に移行していったことを話します。これは以前の役割、責任、貢献した成果物について、積極的に話す絶好のチャンスなのです。初心者はQAトレーニングをカウントします。ここに職歴についての話し方の例があります。

「1993年にコンピュータサイエンスを専攻しABC大学で学士号を取得しました。最近まで、ソフトウェアテストエンジニアとして、ABC社の請け負い業者として働いていました。それ以前はQAアナリストとしてXYZ社で働いていました。それ以前はQAアナリストとして123 Corporationで働いていました。私の強みは、柔軟で細部重視の能力、組織力、口頭と書面のコミュニケーションスキルです。」

「私はABC Companyの在任中、ソフトウェア開発プロセスをもう少し探究することにしました。航空業界、コンピュータ業界、テクノロジー業界に携わり、ソフトウェア開発とテストに関する知識を多様化することができました。私は多くの異なるアプリケーションにさらされ、アジャイル、ウォーターフォール、Vモデル、RADモデル、反復モデルなどの開発ライフサイクルに携わることができました。」

「私の最近のプロジェクトの1つは、反復アプローチを使用して、Rational Unified Process(RUP)を実行しました。又、プロジェクトの開始、精緻化、構築、移行の段階で関わりました。」

全体像

このセクションでは、単にテスターだけではなく、他のソフトウェア開発ライフサイクルについても理解します。ここに、SDLC全般に関連したスキルについての話す例をご紹介します。

「私は、開始段階から実装段階まで、複数のソフトウェア開発ライフサイクルプロジェクトに参加しました。かなりの施行の機会を持ちました。最近のプロジェクトでは、サインオフプロセスを実装して、要件の変更、コードの変更、インフラストラクチャーの変更の責任を持ち、その監査記録があります。」

「別のプロジェクトでは、バージョン管理と変更管理を伴うソフトウェア構成管理を実施しました。要件、テスト計画、テストケース、テスト範囲、コードに変更があった場合はいつでも、完全性が維持されているかを確認しました。 又、開発者によるコーディング標準の使用とコンベンションのネーミングを行ない、ツールClearCaseとVSSを使用しました。」

「私はテストケースのテンプレート、変更要求、欠陥管理、根本原因分析のテンプレート、欠陥を調査するテンプレートなど、一貫性を保つためのテンプレートを設計し実装しました。これはユーザーの受け入れやベータテスト中に、エンドユーザーへの不具合を調査することができます。また、開発ライフサイクルの各フェーズで入退基準を導入しました。」

「QAリードアナリストとして直面した課題の一つは、開発ライフサイクルのフェーズで何時テストを開始し、何時終了するかを決定することでした。長年の経験で、環境が整えば何時でも開始できるという結論に至りました。コードの準備ができた時、全員が承認した時、そして範囲内のテストを全て行なった時にテストを終了するべきという事もです。少なくとも1度作成したテストケースは全て実行しましたが、欠陥を発見し、重要度レベルを設定し、追跡データベースに欠陥を記録し、欠陥は解決されました。回帰テストで全員の承認を得る事ができました。」

「私がテスターとして直面したもう一つの課題は、テストに関するリスクをどう評価するかということです。これを克服する最良の方法は、ソフトウェア製品の複雑さと使用頻度、又、リスクの影響に基づいて、リスクの可能性を計算するというものです。 私は、これらは不可欠なプロセスだと考え、監査が上手くできる反復と実証可能なプロセスを確立しました。」

「私は、産業開発とテスト方法論とガイドラインに精通しています。私はCMM、TQM、 ISO規格9000、9001、9002、とシックスシグマに取り組みました。私の目標は、明確な基準と手順を確立して、次のCMMレベルに到達するためのサポートでした。」

テクニカルスキルとツール

最後に、あなたが応募した仕事に関する技術スキルについて話すことが重要です。ツールやテクノロジーに精通していることをアピールする事で、適したポジションが得られます。あなたのスキルと知識を伝える例をご紹介します。

「私はブラックボックス、ホワイトボックス、フロントエンド、バックエンドテスト、HP Quality Centerなどのツールを使用する手動テストを含め、多くの種類のテスティングをしました。それはテスト管理ツールや欠陥管理のためにも使用しています。」

「私は、Webアプリケーション、HP UFT / QTP、Appium、JMeterを自動化とパフォーマンスをテストするために、Selenium WebDriverなどのツールを使用していました。又、MQSeriesとエンタープライズ・アプリケーションの統合、回帰テスト、システム・テスト、ユーザー受け入れテスト、システム統合テスト、および様々なプロジェクト機能を使って、統合テストを行ってきました。」

「私は、Oracle、SQL Server、Webやモバイル、そしてUnix、Sun Solaris、Linux、Windowsなどの異なるプラットフォームでのテストなど、異なるアプリケーションとテクノロジーで働いてきました。 私はUnixのシェルスクリプト、SQLクエリを書くこと、Toadを使ってデータベースに接続することも効率的に できます。」

練習すれば上手くいく

ここに提供した「あなた自身について教えてください」というスクリプトは、3つの主な面をカバーします: あなたのQA経験; ソフトウェア開発のライフサイクル、方法論、およびQAプロセスの理解; 技術的なスキルとツールに精通している事。これは、独自のスクリプトの作成に役立つフレームワークです。

このスクリプトのアプローチの背景にあるアイデアは、雇用者の目にあなたの価値を実証し、信頼を確立することです。これを上手くやれば、面接者は多くの質問をする必要がなく、十分な情報を与えているなら、それは良いことです。そして彼らが知りたい事に、あなたは積極的に答えることができるでしょう。

次のQA面接の準備のために、スクリプトを作成する時間を割いて下さい。内容を覚えて記録し、鏡の前や友人の前で練習するのです。私はスクリプトを1対1の面接やQAチーム全体との面接で使用しましたが、良く機能しました。信頼と準備は面接で大きな印象を与えるのです。練習すれば上手くいきます。


コメントは受け付けていません。