• タグ別アーカイブ: 未来
  • 製造業の仕事の妄想

    製造業の仕事は消えていき、かなりの数が戻ってきていない

    製造業Twitter経由の産業政策は新たな発展でもあり、私たちはこの4年(又は8年)でそれに慣れなければいけないでしょう。自動車業界のDonald Trump氏のつぶやき(また法人所得税の彼の計画的な削減)は、ミシガン州に工場を構え700の雇用を創ろうというフォード社を説得するかもしれないし、しないかもしれません。しかし、このようなヘッドラインの問題は、数千もの企業が存在するアメリカで毎日起きていることです。全ての問題に介入するのは無理です。例えばGMは、最近フォードよりも約5倍も多い、3300人の一時解雇を発表しました。

    歴史は、多数の製造雇用を創り出すという目標が、一時解雇の要因であることを示唆しています。1979年では、アメリカの製造業の雇用が最高ポイント19.5ミリオンに到達しました。その後、1980年代初めの景気後退により、数字は減少しましたが、1980年代と1990年代には17〜18ミリオンの雇用が定期的に発生しました。しかし、2000年という転換期から、2008年9月の景気後退で、かなり減り、2010年の初めが最悪で11.5ミリオン以下でした。景気が回復するにつれ、一部の雇用が戻り、昨年初めには12.3ミリオンのピークに達しましたが、その後は再びゆっくりと下降しています。

    先進国でも同じ様に減少し、アメリカ経済特有の問題というわけではないようです。議会調査サービスからの報告書では;

    1993年から2014年の間で、世界の製造業でのアメリカのシェアは12ポイント低下しましたが、同じ期間に日本のシェアは14ポイント低下していました。意外にも中国は市場シェアの大部分を占めていたのです。雇用面でみると、1990年から2014年の間には、アメリカの31%、ドイツの25%、フランスとスウェーデンの33%、日本の34%、そしてイギリスの49%の減少となっていました。

    問題は中国だけでなく、技術です。自動車や鉄鋼などの産業では、過剰な生産に悩まされがちなのです。良いサイクルが回って来るかもしれません(例えば、アメリカの自動車販売は新しい記録を打ち出しています)。2008 から2009年のスランプは、人々に購入を先送りにさせましたが、やがてそれも回復しました。車は摩耗し交換する必要があるからです。ですが景気後退は必然的に起こります。調査では、消費者の予算が間延びして、次の購入に向けて6〜7年間を資金準備としていると示唆しています。

    競争の激しい市場とは、自動車メーカーが価格を下げ新機能を追加するために投資し続けているということです。それは労働者を機械に置き換えることを意味するかもしれません。また車に追加された価値の運行はソフトウェアが行なう事で、雇用は大卒者の傾向になり、錆びた状態では難しくなります。イギリスの最近の調査では、2008年の景気後退から低技能の雇用が減った一方で、外国人労働者が17%を占め、これは銀行業の状況に近いという事です。サービス業は、アメリカの製造業で付加価値の30%以上を占め、フランスやイタリアでは40%以上を占めていたという事です。

    ここでは、アメリカの雇用の10%を占める製造業に焦点を当てるという問題があります(パーセントで見ると、1970年代の26%以来、事実上中断されていません)。 世界の価値連鎖は、雇用を輸出する製造業者を罰するのに関税を叩く事は殆ど意味を成しません。メキシコ製品をアメリカへ輸出する場合の1ドルには、アメリカ製品の40セントが含まれているのです。更に悪いことには、消費者が高いお金を支払わなければならないのは勿論のこと、サービスの貿易の混乱は、アメリカの雇用を維持する利点をはるかに上回ってしまいます。

    市場はこの全てにおいて非常に憂慮しているようです。バーニー・サンダース大統領がアメリカの企業に報復を迫るなら、彼らがしたよりも遙かに大きな事でしょう。しかし、彼らがTrump氏のTwitter発射ラインに入った時、私達は個々の株がヒットしたのを見てきました(例えば、ボーイング等)。最終的には、予測不可能の攻撃が、投資家の神経をすり減らすと考えています。