• タグ別アーカイブ: 求人情報
  • 品質保証(QA)の仕事を得る為のヒント

    品質保証(QA)の雇用市場は、今もなお競争で、「競争の中、自分はどのように目立てばいいのか?」という疑問を募らせます。採用される為には、ただ面接を受けるだけでなく、適切なツールを自由に使いこなす必要があります。

    あなたはどうしますか?まず初めに履歴書が必要です。下記に、あなたの面接で役立つQAの履歴書について、3つのヒントをご紹介します。

    1.チェック、チェック、ダブルチェック

    結果的に、あなたはQAで働きます。 これはあなたの履歴書で、スペルミスの無いように取得した資格を書き、適切な構成、適切なフォーマット、簡潔なレイアウトで情報を提供する事を意味します。QAが細部に渡って注意を払わなければならない立場なので、スペルや文法の誤りが失敗の元となりかねません。品質保証の専門家として、あなたは分析型でプロセス駆動型でなければいけないのです。これらの点を反映した履歴書でなければ、面接で欠場する可能性もあります。

    2.履歴書をカスタマイズする

    あなたが求めるポジションへ、取得した資格を反映するように、履歴書をカスタマイズして下さい。あなたの資格内容は、欄の一番上に置く事をお薦めします。そこで面接者が、ポジションにあなたが適するかどうかを早く知る事ができます。たとえば、GMPコンプライアンス、GCPコンプライアンス、又、エンジニアリングの経験があるなら、それらを隠さず書きましょう。雇用管理者や人事担当者が、ポジションとの関連性を捜し出す必要がなくなります。冒頭で関連するスキルを中心に表示して下さい。そして経験した職位について具体的に記述してください。QAの仕事は製造業だけでなく、全ての業界で必要です。具体的にあなたが持っている知識を共有しましょう。例えば、医薬品のQAの仕事を探している場合は、そのフィールドについて知っている事を表わすキーワードを使うのです。 あなたがそこに精通し、あなたの経験がそのポジションとどのように一致するかを説明して下さい。

    3.一貫性を保つ

    先述のとおり履歴書のカスタマイズは不可欠です。但し、日付と以前の肩書きを一致させなければ、問題が生じます。今日、誰もがLinkedInにプロフィールを持っています。もし真実を歪めてプロフィールに異なる日付や肩書きを記載したなら、その場で指摘を受けるかもしれません。募集者はあなたについてダブルチェックします。不一致のために追及されて、面接から逃げ出したくはないでしょう。

    QA面接のヒント

    ベストな履歴書があっても、まだ面接の準備は必要です。候補者は相応しくないスーツや履歴書のコピーを忘れるなど、簡単な理由で職を逃す可能性もあります。しっかりした準備なしに、夢の仕事を得ることはできません。下記にQAの面接の準備に役立つ5つのヒントをご紹介します。

    会社を調査する

    会社のウェブサイトには、その会社に関して豊富な情報があります。ウェブサイトは、会社の使命やビジョンや価値観などを知るのに役立つので、面接中にどんなことを期待されるかも知ることができます。最近、その会社はどんな賞を受賞していますか?新しく提供している製品やサービスがありますか?Google Alertsは、企業の最新情報をキャッチするのに最適なものです。あなたを優位にするために、それで調査してみてください。例えば、スイスでの仕事の面接をする場合は、その地域の一般的な面接テクニックを特定する事が役立ちます。又、会社の規模に基づいて面接のアプローチをプランするのです。大企業では、従業員はそれぞれ特定のプロジェクトやタスクのみを担当する一方、小規模の企業は、従業員それぞれが、様々な仕事を担当する可能性があります。会社のウェブサイトで30分から1時間を費やすことで、あなたは適切な知識と自信を持って面接に望む事ができるでしょう。面接者を事前に知る

    事前に面接者が分かれば、面接者に関する情報を収集することもできます。もしあなたが人間関係を築くのが苦手な傾向にあるなら、これは面接での会話に役立つ情報を得る良い方法となります。おそらく面接者は、あなたと同じ会社で働いていたか、同じ学校に通っていた可能性があります。 従業員を調べて、会社が通常採用する従業員のプロフィールを知る事もできます。

    模擬面接をする

    面接の典型的な質問範囲は次のとおりです。”あなたを雇う利点は?”、 “あなたの強みと弱みは?” あなたの準備ができていなければ、このような質問で不意をつかれます。

    まずオンラインで、面接の典型的な質問を列挙しているリソースを見つけます。

    次に、それぞれの質問の回答を書き留めておきます。それからが練習する時です。回答を読みながら、最良の回答が得られるまで編集に編集を重ねてください。その練習に加えて、典型的なコンピテンシースタイルに通じているかを確認します。最後に、親しい友人や同僚に仕事の内容を説明し、面接の質問をしてもらうと良いです。これはメモを見ないで回答できるようになる練習になります。可能なら、彼らの質問も混ぜてもらい練習すると、当日の不意をつれる質問にも強くなります。本当に難しい質問をされれば、本番は本当に楽になります!

    熱狂する!

    熱意はどんな面接でも大事です。雇用主はそのポジションに興味を持つあなたを見たいのです。もしあなたが不本意で無関心な様子なら、雇用主は同じように判断するでしょう。そのポジションに興味を表わして、会社の知識を笑顔で共有することが大事なのです。なぜこの仕事をしたいのか、なぜこの会社を好んだのか、3〜5つの理由を書いてください。あなたの熱意が本物であるように、ありのままの理由を考えてください。面接は人事担当者と面談する可能性が高いです。人事担当者は非常に熱心な人が多く、候補者にも同じ特徴を求めていることを覚えておいて下さい。

    協力する

    オープン品質保証スペシャリストや検証業務の多くの雇用主は、職場で協力可能な人材を探しています。企業は、仕事で問題が存在する理由を述べるだけの人ではなく、チームとして問題をどう修正していくかのアイディアを提供できる人を求めます。チームと連携して、多くの解決策を提供することは、あなたの地位を築く上でも違いを見せるために必要なのです。