• タグ別アーカイブ: 秘密
  • 品質保証の仕事における6つの秘密

    品質保証アナリスト(QA分析者)について考えると、おそらくテクノロジー企業でのロックスター的な役割などとは想像しないでしょう。しかし現実には、QAの立場は、あなたの想像より遙かに挑戦的で充分な役割なのです。

    組立ラインテスターからソフトウェア品質保証アナリストまで、このフィールドは製品が市場に出る前の、最後の防衛ラインです。QAの人々は、しばしばエンジニアや製品管理者を救い、収益にも大きな影響を与えます。したがってQAは、企業プロセスの補助的なものではなく、ソフトウェアエンジニアリング、製品管理、および顧客サポートの重要な領域が合い重なる、技術的ベン図の領域なのです。

    QA分野は他よりも早く昇進する傾向があり、先の天井は高いのです。エントリーレベルのテスターとしてスタートする従業員は業績によって、プロダクトリード、ソフトウェアエンジニアリング、管理職につくことができます。

    QAは経験の浅いテスターでさえ、エンジニアリングから設計や製品管理まで、技術的側面に触れるチャンスを提供してくれる「入門薬」のようなものです。QAはあなたに合っていると確信しましたか?ここに、QAの仕事を得やすくする6つのヒントを紹介しましょう。

    製品への情熱を伝える

    QAのキャリアとは、しばしば、レーダーのもとで長時間、骨を折って働く事を意味します。QAアナリストは、数千行のコードを組み合わせたり、全てのユーザーエクスペリエンスを調査しますが、これは製品が更新されるたびに繰り返されるプロセスです。結果として、多くの企業は、そのプロセスに必要がないにしても、製品への情熱が伝わるアナリストを優先しがちです。

    Spotify New YorkのQAリーダーであるNitzan Blouin氏は、「製品に情熱を持つ候補者は、確実な防弾となるために勤勉だ。 そしてチームが興奮し準備していれば、仕事はいつでも楽しくなる」と語っています。

    先駆けて製品を分析する

    その他多くの技術職とは異なり、QAでは自分の時間に自分のスキルを会社に「ドアを壊して」証明するチャンスがあるのです。

    面接で相手を驚かせるのに、製品の詳細な知識を準備し、盲点や間違いがあれば精査し、ノートを執るなど、あなたの調査結果を採用マネージャーに提示します。

    このような期待を超えた精緻さは、あなたが最高の製品を生み出す為に恐れず助けるという事を、会社に示す事ができます。

    詳細、詳細、詳細

    今日では、ほぼすべてのテクノロジーの職務内容には、細部への注意深さが要求されています。しかしQAは、どこよりもそれが必要となります。これは結局、ソフトウェアエンジニアやプロダクトマネージャーが、特に製品の締め切りが厳しい場合など、ずさんになりやすいからです。

    したがって、QAアナリストの役割とは、製品のあらゆる側面へ精緻にアプローチすることであり、QA候補者の履歴書やカバーレターやポートフォリオのように、職務の見本なのです。あなたのアプリケーションが、広告されているポジションと一致しているかどうかを確認してください。 綴りや理解の誤りがないかどうかをダブルチェックしてください。勤勉は常にあなたのポイントを上げますが、QAの場合は特に、エキストラの努力がそれを遙かに高めます。

    品質製品の価値を理解する

    これについては明らかなようで、多くのQA候補者は、QAがなぜ重要なのか、又、企業の成功にどう影響するのかを、よく理解していません。

    製品に対する情熱のように、QA管理職は、あなたがフィールド自体へ同じく情熱を持っているのかを見ています。なぜQAが製品開発に重要なのか、QA効果を引用して、結論だけでなく、カギとなるメトリクスについて詳しく述べる事ができますか? QAは、肯定的な顧客レビュー、ユーザー保持率、ユーザー効率への直接的なラインを持っています。

    今日の飽和している技術界では、ユーザーの為に最大の価値を作り出すことが最も大事です。ソフトウェアエンジニアが構築し、デザイナーがそれを美化し、製品マネージャがガイドする間、QA担当者は全ての段階で製品がより効率的かつ最適化されているかどうかを確認するのです。

    最良のQA候補者は、この事を知っています。

    優先順位づけと適応

    QAは時々単調な仕事になりますが、今日の技術が急速に進歩している事は、アナリストがリアルタイムで優先順位づけしながら適応していかなければならない事を意味します。もし欠陥品が5時間以内に放出されると設定されていた場合、QAが全てのバグを見つけ、適切なチームに伝達し、一度修正された部分を再度チェックして、正確である事を確認しなければいけません。それは、プレッシャーやペースの速さや積極的なアプローチを意味します。幸いにも、会社との面接や試用期間では、これらの能力を発揮するのに十分な時間があります。

    技術的経験はプラスになるが、必須ではない

    コンピュータサイエンスや関連分野の学位は、技術的なQAの就職にはプラスになりますが、必須ではありません。

    エンジニアリングや製品設計のような技術的ポジションとは対照的に、QAは必ずしもコンピュータサイエンスの学位や認定書を必要としていません。全てのニーズは、テスターのようなエントリーレベルのポジションであっても、企業の設計と機能の基本的な理解を合わせたQA経験なのです。SpotifyのNitzan Blouin氏によると、一旦フィールドに入れば、十分な成長の余地があるという事です。

    「QAは、実際のキャリアの道であり、戸口に足を踏み入れるだけの場ではない。ジュニアアナリストからQAのリードまで、又、テストオートメーターから品質エンジニアまで、成長することができる。経営スキルや技術的専門知識を高めたいかどうかに関わらず、豊富なチャンスがそこにはある」と語っています。