• タグ別アーカイブ: 製造業
  • なぜ品質管理に入るのか?

    9世紀の美術評論家であるジョン・ラスキン氏は、次のように述べています。「品質は事故ではない。常にインテリジェントな努力の成果だ」と。これは確かに製造と生産の世界です。全ての製造会社は、高品質の製品で知られたいと願っています。

    したがって、品質管理と品質保証の専門家は、製造業者が生産した全ての製品が高品質であることを確認します。誰もスピードバンプで直ぐに壊れる自転車など買いたくはありません。誰もバターが切れないナイフを買おうとは思いません。誰も苦い後味を残す飲み物を飲みたくはないのです。

    品質管理と保証の業務は、製品が目的に合っていて、一貫して高品質であることを確認するのに不可欠なのです。品質マークは純粋な意見に基づくものではありません。製品は、まず消費者の要求を満たす必要がありますが、法律、規格、規制を遵守しなけれないけません。

    品質管理と保証にはどんなキャリアがあるのか?

    この分野のキャリアは、大きく分けて、1)品質管理、2)品質保証の2つに分類できます。品質管理は、製品をテストし、欠陥を発見し、問題を報告し、製品のリリースを決定できるようにすることです。

    品質保証は全て「良い実践」に関するものです。品質保証の取り組みは、生産基準を改善し、製造プロセスの一貫性を保つことです。治癒ではなく予防に焦点を絞り、問題を最小限に抑えることを目指しています。

    品質管理と保証の業務は、航空宇宙、自動車、医薬品、食品などの製造業すべての分野に浸透しています。これらに携わる人々は、詳細、強いコミュニケーション、計画、問題解決のスキルに鋭い目が必要なのです。

    どのように品質管理は機能するか?

    品質管理責任者は、テスター、検査員、サンプラーと呼ばれることもあります。彼らは製品に応じて様々な方法や機器を使い、不完全な部分をチェックします。傷を発見したり、寸法を検証したり、可動部品の機能をテストしています。

    ある点検は視覚での迅速な点検であり、他の点検では専門装置を使った綿密な調査もあります。製品の実際の環境条件、例えば車のボディーに対する気象の影響をシミュレーションする事などです。

    品質管理テストのプロセスが製品の寿命を決定し、又、寿命がのびるのを可能にします。作業員は生産プロセス全般に関与しています。 生産開始前に原材料をテストし、生産工程ではコンスタントにチェックし、完成品に最終的な評価をします。

    品質管理はテストだけではありません。彼らは小さな不完全さを修復し、テストの詳細な記録を維持し、報告書を作成するのです。

    品質保証の専門家は、品質管理の戦略にも関心を持っています。彼らは複雑な品質保証に取り組む前に、製品の仕様を評価し、顧客の要件を正しく理解しています。

    これらの専門家達は、あらゆる生産作業が品質保証の目標、安全衛生ルール、国内と国際の法律や基準に沿っている事を保証します。又、生産中に製造スタッフを指導し、トレーニングセッションを実行し、パフォーマンス、プロセス、手順が最適に行なわれるようにします。

    スタッフに動機を与え、品質保証の理解を高めるために、高いコミュニケーションスキルが必要となるのです。又、複雑なデータを分析し、レポートを作成しなければならないので、優れた分析力と文章能力を要します。

    ですから、あなたはクラッシュテストのダミーで遊ぶ暇はなく、品質管理と保証の業務は、タイヤを蹴ったり、クリップボードを使ってコンベアベルトに立つ事より、はるかに多くの事があります!あなたが「品質」のキャリアを望むなら、これで決まりです。


  • 製造業の仕事の例とタイプと変更

    製造業の仕事とは、原材料や部品から新しい製品を作り出すものです。これらの仕事は、工場、生産施設、製作所などにあります。サービスではなく製品の作成である限り、家に存在することもできます。

    たとえば、ベーカリー、キャンディーストア、カスタムテイラーは、材料から製品を作成するので、製造と見なされます。一方、書籍の出版、木の切り出し業や採鉱は、製品に変えないの製造とは見なされません。

    建設はそれ自身のカテゴリーであり、製造とは見なされません。新規住宅建設や商業用不動産建設業は、国内総生産の重要な構成要素と言えます。

    製造業には1250万人のアメリカ人がいて、2016年には平均収入が82,023ドルでした。これには給与と給付が含まれています。それは平均的な労働者よりも12%多いのです。彼らは、国家経済の成果のうち、2.17兆ドル(11.7%)を生産しました。製造業はGDPの重要な要素と言えます。

    アメリカの製造業は世界最大で、全体の18.2%を占めています中国は17.6%で惜しくも第2位。実際、アメリカの製造業が国であれば、世界で10番目の規模になっているでしょう。アメリカの製造だけで、カナダやメキシコ以上の量が生産されています。

    アメリカの製造業の労働者は、世界で最も生産的です。これは、コンピュータやロボットの使用が増えたためと言えます。代わりに雇用数が減ってきました。

    製造業の種類

    国勢調査は以下のように、製造業を多くの分野に分けています。

    ・食品、飲料、タバコ

    ・テキスタイル、レザー、アパレル

    ・木材、紙、印刷

    ・石油、石炭、化学品、プラスチック、ゴム

    ・非金属鉱物

    ・一次金属、加工金属や機械

    ・コンピュータやエレクトロニクス

    ・電気機器、家電や部品

    ・交通関連

    ・家具

    ・その他の製造

    業種の詳細については、製造インデックスをチェックして下さい。 業界の動向や価格を含むセクターの詳細を教えてくれます。又、死傷者、怪我、病気を含む労働力そのものについての統計も知る事ができます。

    2番目のリソースは労働統計局(BLS)で、仕事のタイプのガイドを提供しています。クイックリスト:

    ・アセンブラーとファブリケーター

    ・パン屋

    ・歯科技工技師

    ・食品加工業

    ・食品加工業者

    ・宝石商と貴金属と金属労働者

    ・機械工と工具と型

    ・医療機器技術者

    ・金属やプラスチック機械労働者

    ・眼科検査技術者

    ・塗装・塗装作業員

    ・発電所オペレーター

    ・印刷

    ・品質管理

    ・半導体プロセッサー

    ・裁縫師と仕立て職人

    ・屠殺場と肉屋

    ・固定式エンジニアやボイラーオペレーター

    ・家具職人

    ・水および廃水処理

    ・溶接、カッター、兵士

    ・木工労働者

    労働統計局は、仕事はどんなものか、教育や訓練がどのくらい必要か、そして給与水準について説明しています。又、仕事には何人いるか、成長する分野かどうか等も教えます。更に、特定のスキルが使用されているかどうか、特定の認定が必要かどうか、又、必要なトレーニングを受ける方法も見い出すことができます。

    製造業の動向

    製造プロセスは変化し、必要な業務のスキルも変化しつつあります。製造業者は常に、費用効果がある製品の生産方法を探っています。そのため、雇用数が減少すると予測されても、残っている従業員にはより高い賃金を支払う可能性があるのです。しかし、彼らは必要なスキル習得のため、教育と訓練が必要です。

    これには2つの理由があり、一つは、インドや中国などの新興市場で製造された製品の需要が高まっているという事です。マッキンゼーは、これが2025年には、およそ3兆ドルになり、これらの国は、世界の製造の70%を占めると予測しています。

    この需要がどう製造業の雇用を変えるのでしょう?企業は、これらの多様な市場のニーズに合った製品を提供しなければなりません。結果的に、顧客サービスでの雇用が、製造業にとってより重要になると思われます。

    二つ目は、メーカーがこれら特殊なニーズを満たし、コスト削減のために洗練された技術を採用するという事です。ここに6つ挙げました:

    1. ナノテクノロジーはマイクロエレクトロニクスの新しい時代を創り出す
    2. 軽量のスチール、アルミニウム、炭素繊維は、燃費の向上をもたらしている。
    3. バイオエンジニアリングは、更にカスタマイズされた医薬品を作り出す
    4. 3D印刷は、鋳造やスタンピングではなく、小さな粒子を組み合わせてプロトタイプを作成する。しかし、これは特殊な航空宇宙部品や人体器官の代替品に、ますます使用されるでしょう。
    5. ロボットは高度になっています。
    6. 大きなデータは顧客の傾向を分析し、製品開発のために使用されています。

  • 製造業の仕事の妄想

    製造業の仕事は消えていき、かなりの数が戻ってきていない

    製造業Twitter経由の産業政策は新たな発展でもあり、私たちはこの4年(又は8年)でそれに慣れなければいけないでしょう。自動車業界のDonald Trump氏のつぶやき(また法人所得税の彼の計画的な削減)は、ミシガン州に工場を構え700の雇用を創ろうというフォード社を説得するかもしれないし、しないかもしれません。しかし、このようなヘッドラインの問題は、数千もの企業が存在するアメリカで毎日起きていることです。全ての問題に介入するのは無理です。例えばGMは、最近フォードよりも約5倍も多い、3300人の一時解雇を発表しました。

    歴史は、多数の製造雇用を創り出すという目標が、一時解雇の要因であることを示唆しています。1979年では、アメリカの製造業の雇用が最高ポイント19.5ミリオンに到達しました。その後、1980年代初めの景気後退により、数字は減少しましたが、1980年代と1990年代には17〜18ミリオンの雇用が定期的に発生しました。しかし、2000年という転換期から、2008年9月の景気後退で、かなり減り、2010年の初めが最悪で11.5ミリオン以下でした。景気が回復するにつれ、一部の雇用が戻り、昨年初めには12.3ミリオンのピークに達しましたが、その後は再びゆっくりと下降しています。

    先進国でも同じ様に減少し、アメリカ経済特有の問題というわけではないようです。議会調査サービスからの報告書では;

    1993年から2014年の間で、世界の製造業でのアメリカのシェアは12ポイント低下しましたが、同じ期間に日本のシェアは14ポイント低下していました。意外にも中国は市場シェアの大部分を占めていたのです。雇用面でみると、1990年から2014年の間には、アメリカの31%、ドイツの25%、フランスとスウェーデンの33%、日本の34%、そしてイギリスの49%の減少となっていました。

    問題は中国だけでなく、技術です。自動車や鉄鋼などの産業では、過剰な生産に悩まされがちなのです。良いサイクルが回って来るかもしれません(例えば、アメリカの自動車販売は新しい記録を打ち出しています)。2008 から2009年のスランプは、人々に購入を先送りにさせましたが、やがてそれも回復しました。車は摩耗し交換する必要があるからです。ですが景気後退は必然的に起こります。調査では、消費者の予算が間延びして、次の購入に向けて6〜7年間を資金準備としていると示唆しています。

    競争の激しい市場とは、自動車メーカーが価格を下げ新機能を追加するために投資し続けているということです。それは労働者を機械に置き換えることを意味するかもしれません。また車に追加された価値の運行はソフトウェアが行なう事で、雇用は大卒者の傾向になり、錆びた状態では難しくなります。イギリスの最近の調査では、2008年の景気後退から低技能の雇用が減った一方で、外国人労働者が17%を占め、これは銀行業の状況に近いという事です。サービス業は、アメリカの製造業で付加価値の30%以上を占め、フランスやイタリアでは40%以上を占めていたという事です。

    ここでは、アメリカの雇用の10%を占める製造業に焦点を当てるという問題があります(パーセントで見ると、1970年代の26%以来、事実上中断されていません)。 世界の価値連鎖は、雇用を輸出する製造業者を罰するのに関税を叩く事は殆ど意味を成しません。メキシコ製品をアメリカへ輸出する場合の1ドルには、アメリカ製品の40セントが含まれているのです。更に悪いことには、消費者が高いお金を支払わなければならないのは勿論のこと、サービスの貿易の混乱は、アメリカの雇用を維持する利点をはるかに上回ってしまいます。

    市場はこの全てにおいて非常に憂慮しているようです。バーニー・サンダース大統領がアメリカの企業に報復を迫るなら、彼らがしたよりも遙かに大きな事でしょう。しかし、彼らがTrump氏のTwitter発射ラインに入った時、私達は個々の株がヒットしたのを見てきました(例えば、ボーイング等)。最終的には、予測不可能の攻撃が、投資家の神経をすり減らすと考えています。